情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30雪:△30以下
 
1.景況天気図

3 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
3 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食 料 品  年間で見た場合、醤油味噌共減少気味。業界全体としても同様の傾向で、決して良い状態とは言えない。食生活の多様化、需要の減退と思われる。
 
 水揚げは前月比、前年比共増加した。しかし、冷蔵庫関係は凍結。原料は多くなかった。加工関係は、3枚下ろしするブリが少なかったため。前年程忙しくなかった。今年1年間、俵物加工品の販売に力を入れた。多額の事業費を使って、広告宣伝を行いアンテナショップを設置し、頑張った。その結果、商品の知名度は上がり、売上も順調に伸びた。
 
 雛節句が少子化で、引出物の注文は減少傾向ではあるが、桃かすてら他の長崎特有の菓子が今年は全国的にブームになり、長崎からの発送、又、全国各地からの個人向けの注文が殺到した。前年の全国菓子大博覧会での組合一丸になっての実演、販売。又、JALの機内誌等の月刊誌に、又、日本経済新聞の長崎の雛節句(菓子の)の特集が引金になり今年の県菓子業界は明るい話題となった。その他マスコミが多くの特番の放映のためかも・・・
 組合組織で積極的な運動の展開を行うべきと考えられる。
繊維製品  気温の変化が大きいために、発注が小出しになっているが、久しぶりにレディースではピンク、グリーン、イエロー等明るい色の商品が売れ始めているとの報告で期待している。
 
 3月度は閑散期より繁忙期になっているので、全体的に良い。然し専ら工賃は全体的に下がり気味である。昨年対比は横ばい若しくは若干下がり気味である。
 売上高は、前年同月比は18.7%減少、前月比は72%減少。売掛金回収においては、前月売上に対し215%(内手形29%)。
生 コ ン  売上高は、前年同月比7.6%減少(14,142m3減)、前月比14..4%増加(28,749m3増)である。
一般機器  緩やかな景気回復の兆しは見えつつある中、中小企業を取り巻く環境は依然として厳しい景況下にある様だ。今月も目立った回復力も中小企業にはまだまだ先が見えて来ない。各社も夫夫慎重に推移している様だ。受注競争の中で生産コストの削減等も限界に近い。1日も早く明るい兆しが訪れるのを祈るのみ。
鉄鋼・金属  受注環境は、社によってバラツキはあるものの、全体的には改善の傾向である。
輸送用機器  スクラップ価格の高騰により鋼板価格が急騰している。(業績への悪影響必至)。
 <例>切板ベース
 H15/12 70円/kg、H16/2 75円/kg、H16/3 90円/kg
 →これが4月には100円/kgとなると予想される。
電気機器  春の気配はすれどなかなか開花せず。といった業況である。各社とも、仕事量は確保できる明るさは取り戻しつつある。しかし、低下した価格の根戻しもままならない状況に、鉄を筆頭に銅、アルミなど原材料の高騰が苦しさから脱しきれない大きな要因になっている。客先からは、何とか吸収してくれといわれ、購入先からは価格値上げ更には支払条件の短縮化など、下請け的製造業に春はいつくるのだろうか?

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸  売  仕入代金の支払は現金払が増えてきているので、資金繰り悪化。鉄筋始め建築関連材料の価格が高騰している。原因は、中国の需要増による輸出拡大で、国内への供給が出来ない。メーカーはこの際と思って価格を大幅に値上げしている(2割〜3割)。売上は微増であるけど、一部好調の企業が引っ張っている。繊維は、一段と厳しい。
青 果 物  3月の取扱高は、前月2月に比し108.8%、前年同月に比しても105.0%と好調であった。決算期を迎えたが、累計でも前期比100.8%と前期取扱高はクリアー出来た。しかしながら、組合員の減少傾向には歯止めがかからず、今期も7名の脱退者を出すに至った。4月より、総額表示が義務付けられており、表示義務の徹底を図ると共に、取扱高に及ぼす影響を注視する不安を感じている。
食  肉  アメリカ国BSE対策として輸入停止による国内の消費低下率は1月2月は35%と消費量が低下した。3月中旬より少量の消費となり上昇。4月を期待するが、今後価格の上昇が止まらない状況である。安全安心をもっとうとして販売する様努力している。
石 油  原油高騰。イラク戦争前の高値を更新した。元売は1〜3月・2円、4月2.5〜3円の値上げを通知して来ている。4月は値上げとなるだろう。
商 店 街  3月1日から(4月11日まで)オメデトウ−セールを開催し、販促に努めた。具体的なデーターはないが、景況は厳しい状況が継続しているものと判断している。
させぼ四ケ町商店街協同組合
 
 2/25〜4/3第3回長崎街道ひなまつりを開催。今回は第2会場を新設し、内容を充実させたが、気候のせいか客数は伸びなかった。
大村市本陣通り商店街振興組合
 
 3月3日〜10日の間恒例の島原初市が開催されたが、寒さと風で賑わいが少なく商店街の方への流れが悪かった。売れ行きは平年並みで経過したようだが、食品や日用品と新学期用品が少し動いただけで、景気の回復のきざしは見えなかった。
島原市中堀町商店街協同組合
旅館・ホテル  場所によっては売上が前年度割れの所もあるが、一部では前年同月に比べ宿泊が増えた。飲食は平年並み。
 
 新年より3ヶ月連続前年比10%以上宿泊人員の減少。売上的にはそれ以上の減収か・・・このままでは廃業等が出てくるのでは。中小企業の金融を締め上げるのではなく実情にあった温かい対応をしてほしい。
建  設  社会全体が今まで経験したことのない事が次々と起こってきており、今まで通りの考え方ではやっていけない、とそう思っている。心配していたことが現実となってきた感を強くしている。今のところ仕事の量は少なくないが、契約単価が低くどんどん利益率の悪化が生じている。これから先、公共事業の受注環境が大きく様変わりする中で、次年度は民間の設備投資も補修や更新が中心で、中小企業の投資意欲は依然として弱い。このまま事業量の減少が続けば金融システムに対する不安感が出てきて、建設業界の大半は資金繰りに苦しむ先が増えてくることは必至である。
電気工事  年度末のかけこみ需要も終わり、景気の状況も新聞等に記載されているようには上向きとは思えない。
運  輸  3月は例年ならバタバタ忙しいけれども、今年はそれ程忙しくなかった。年度末にこれでは、15年度の決算も厳しそうである。
 
 最近は、年度替わりの3月の売上げ増が見込みなしになってきた。何年か前迄は、期末で3月売上げ増がありましたが、現在は2月が若干の売り上げ増があり3月はだめで期待はずれの昨今である。世の中の変化だろうか・・・
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End