情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

9 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
9 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 醤油味噌製造業
*今までのダウン傾向に若干のゆるみが出たように見えるが、これも一時的なもので、業界全体としては厳しい状況が続いている事に変わりはない。価格改定の望みも薄く、明るい見通しもない。
 
水産加工製造業
*8月に続き台風の影響で水揚げが少なく、冷蔵庫や加工場の稼働率は低下し、売上も減少した。長崎魚水場では数量においては前年比79%、金額においては前年比82%   
 
漬物製造業
*度重なる台風のため原菜が甚大なる被害被害を受け、市場価格が高騰した為、収益が著しく悪化している。
 
菓子製造業
*年間で厳しい9月期であり昔ほどの慶弔用引出物の需要もない。最近若干ではあるが廃業する組合員も出ている中に長崎に新しい製菓部門の学校が開校されたが、先の見えない現況の中これはどうしたことだろうか? 
繊維・繊維製品 衣服・その他の繊維製品製造業
*台風後の天候を期待しているが・・・
 
繊維製品製造業
*前月対比若干上向きである。前年対比若干落ち込み(1社のみ上昇)。
窯業・土石製品 陶磁器製造業
*数年前ほどの大きい落ち込みはないものの、売上の回復及び価格の回復がなく厳しい状況となっている。
 
生コンクリート製造業
*出荷数量は、前年同月比は24.4%(41,123m3)減少、前月比は17.3%(18,761m3)増加している。
鉄鋼・金属 輸送用機械器具製造業
*仕事量は第三四半期(10月〜12月)までは各社ともほぼ確保しているが、10月発注分より単価引下げもあり、収益状況は依然厳しい。
輸送機器 機械器具製造業
*原材料の値上りが続いており、特に鋼材が顕著で、昨年末に比し約2倍のレベルとなっている。
電気機器 電気機器製造業
*素材価格の高騰(鉄、原油、非鉄金属etc)にあわせて、量の確保も厳しくなってきている。仕事量そのものは回復する中、材料の確保、外注先の確保など厳しい問題が発生している。また、重電関係は、値戻しができないどころか、価格については、客先からの値下げ要請が強く、板ばさみ状態が続いている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売業
*9月の青果物の取扱高は前月比109.7%、前年同月比103.5%と取扱高が増加した。相次ぐ台風の発生、通過により県内産農作物の出荷時期が大幅に遅れ、品薄による青果物の高値が取扱高の増加に結びついたものと思われる。
 
鮮魚介小売業
*台風のため入荷が少なかった。
 
食肉販売業
*BSE牛輸入アメリカ停止につれ、内地産(国内産)牛上昇の為、市場価格が上昇し、消費者購入が減少したので景気に影響するのではないかと心配している。
 
石油販売業
*原油高騰によるガソリン仕切値上げ4〜9月期では3月に比べプラス11円に対し店頭価県平均4〜9月期では3月に比べプラス10円とやや転嫁不足。掛売部門での転嫁遅れ、中間三品(灯油、軽油、重油)の転嫁不足大で総体的に収益悪化。
商店街 佐世保市
*具体的なデータはないが景況は引続き低迷しているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
長崎市
*街内店舗の廃業、開店準備が多くなっている。婦人服亀屋廃業閉店…丸貸のためまだ空き店舗、キャンドゥ2号店9月末で閉店…後はメガネ店が改装入居予定、有川2Fに回転寿司入店準備で改装中、ノーネーム退店…後に靴関係が入るが、まだはっきりしていない、旧永尾の靴右側山口ビルに新樹苑入店予定(OP来年2月位)、旧文録堂(古本屋)ザ・インポートが購入、11月頃オープン予定(ウィズビルから移転)。旧永尾の靴左側(現在の浜んまちガーデン無料休憩所)裁判所不動産特別売却:入札11月4日〜11月11日、開札11月18日
長崎浜市商店街振興組合
 
島原市
*夏の暑さが9月になってもそのまま続き、秋の動きが全くなく商店街人通りなしの状態が続いた。9月は特別に動いた商品がなく全般的に売上低迷。台風や雨による天候不順で蒸し暑さがとれず、快適でない9月で売上も伸びなかった。
島原市中堀町商店街協同組合
建設業 建設業
*長引く不況と公共工事の抑制のため受注が思うようにならない。一方少ない民間建築物件の安値受注競争が続いており、利益を確保することが困難で、経営難に陥る業者が増えてきている。金融機関も建設投資の低迷の中にある建設業者に対する貸出姿勢が厳しくなり、深刻な影響を及ぼしている。マンション建築は好調なものの、場所・価格との兼ね合いはあるが売れ残りが目立ち、需給動向はあまり芳しくない。
 
電気工事業
*景気は上向きと言われているが、まだまだ先のことと言うのが実感である。
運輸業 運送業
*9月になっても土木関係の仕事はなかなか出てこないため、ダンプの動きが悪かった。軽油の値上げを前月比プラス4円程言ってきている。今年度に入って1割以上の値上げである。運賃にはなかなか転嫁できない。収益にかなり悪影響を及ぼすのは必至である。
 
貨物運送業
*新NOX法により兵庫県、大阪府方面において東京方面の様に進入禁止となった。平成7年以前の車は入れなくなってしまった。走行に何等関係ないのに年式が古く排ガス装置も付けることも出来ない。世の中地球環境を良くするため、空気を綺麗にするため等色々言われているが中小企業運送業者は適合車の代替えも出来ず倒産廃業するしかないようになって来た。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End