情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

12 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
12 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 醤油味噌製造業
*ギフト品の急激なダウン。12月の暖冬による売上不振。原材料の高騰等々全く良い材料が見当たらない。売上は前年同月に比べ最悪である。醤油味噌業界は17年も厳しい年になりそうである。
 
水産加工製造業
*サバの入荷が多くて冷蔵庫は凍結業務も多く、保管庫も満庫になる等活況を呈した。加工関係も原料の入荷が多く、販売も順調であった。長崎魚市の年間取扱高は前年比数量103%、金額98%。内鮮魚はカツオ、サバの入荷が多く前年比数量106%、金額103%であった。
 
漬物製造業
*県内の人口が減少し、又量販店では県外で生産された商品が物流基地を通じて県内の各店舗に導入され、その物量が多大であり、その影響は過大である。県内の食品製造業は縮小の一途を辿っており、それに従い減収減益である。
 
菓子製造業
*新年になっても別に目新しいイベントもなく2月のランタンフェスティバルの出店申込店も今年は減っている。そろそろ頭打ちの感があり、良い所悪い所が見えてきたようだ。2月期は大変天候に左右されるので難しい。好天に恵まれれば幸いだが…
繊維・繊維製品 衣服・その他の繊維製品製造業
*暖冬と台風で冬物衣料品は例外なく昨年を下回り、春物の状況次第で波乱が起きるかも。正月の売れ行きが左右する。新年を迎えるのに余り前向きでない雰囲気であるが、それだけでなく市場での被服の地位が相対的に地位が低下をしているとの指摘もある。
 
繊維製品製造業
*紳士服関係(オーダー)3社 平成15年12月の対比は全体的に上であった。婦人服関係(肌着関係含む) 平成15年12月対比は全体的に横ばい6社。
窯業・土石製品 陶磁器製造業
*市場が厳しい中で、より商品を広く紹介する為に、組合員の展示場を開設した(肥前地区、波佐見、三川内、有田)。大手小売業者が波佐見で拾数点の商品を開発し(組合員3社で生産)好評を得ている。
 
生コンクリート製造業
*出荷数量は前年同月比は-4.6%(9,988m3)減少、前月比は13.7%(24,714m3)増加している。
鉄鋼・金属 輸送用機械器具製造業
*16年度第3四半期の売上高は全般的に工事量が増加している為対前年比+10%で推移。収益面も対前年より好転しているが、第4四半期は工事量が若干落ち込む予想をしている。
輸送機器 機械器具製造業
*仕事量増により工場拡大をした組合員2社あり(1社は増築、1社は他社工場買取り)。
 
電気機器製造業
*毎年、下期になると仕事量が増える傾向は変わらない。今年から来年に向けても仕事量は確保されてきているようであるが、価格は相変わらず低下傾向に歯止めがかからず、また鉄を始めとする原材料の価格高騰傾向は未だ止まずということで各社とも苦戦している。社内の改革を実施し、乾いたタオルを絞るがごとく努力しているが成果も少なく、今後更に企業閉鎖等が起こるのではと心配している。
電気機器 電気機器製造業
*相変わらず、原材料特に鉄関連の価格上昇が続いている。最近では、材料確保に対しても厳しさを増してきている。価格を10年前の水準に戻そうという感じがしてならない。景況感としては仕事量の増加があり好転したものの、原材料価格の上昇分を価格に転嫁できず、さらに価格低減要求も厳しく本来の意味での好況感は感じられない。また、原油高の影響もボディーブローのように効いてくるはず。先行きは決して楽観できない。
その他の製造業 輸送用機械器具製造業(造船)
*新船建造の需要は依然低調。更に鋼材価格の上昇、品薄による鋼材納期の長期化等経営環境は依然厳しい状況下にある。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売業
*台風による被害の為秋冬物野菜の出荷が心配されたが、出荷奨励施策と暖冬により生育が順調であった為、12月は野菜が順調に出回り幾分過剰気味であった。近年の歳末商戦の盛り上がり欠如と相まって、暮れにも相場が格別上がる事も無く、低調に推移し、結果、取扱高は前月比マイナス6.5%、前年同月比マイナス13%と低調であった。かろうじて、累計(平成16年4月〜12月)は前期比プラス3.3%であった。
 
石油販売業
*業転玉(スポット)の値下がりにより市部で安値競争が起こっている。
商店街 佐世保市
*11/19〜12/26まできらきらフェスティバルを開催。又、11/27〜12/19まできらきらセールを開催し、販促に努めた。販売に関する具体的なデータは無いが、来街者は多く影響は大きいものがあったと確信する。但し、販売額については消費の低迷、郊外大型店、福岡天神の影響等から低迷しているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
大村市
*12月8日本町3、4丁目商店街がアーケードリニューアルオープン!各種イベントを実施し、多くの来街者で賑わう。しかし、12月全体としては盛り上がりに欠けた。
大村市本陣通り商店街振興組合
 
島原市
*暖冬で衣料品の売上伸び悩み。商店街の人出も15〜25日にやや賑わったものの、その他は大型スーパー郊外店に喰われて暇だった。売上は昨年並みかやや低下。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 ホテル業
*16年において年間を通して(1月〜12月)売上高は前年比10%以上の減。過去最悪更新。
 
料飲業
*本年度から始まった消費税(年間売上高1,000万以上)の課税により、長崎市において毎月約5億円の吸い上げがある為、大変な不景気になると懸念している。(消費税を徴収出来ない店が多い)
建設業 建設業
*手持工事が無い。今なおこの状況が続いている。つなぎ資金を銀行に相談しても、逆に旧債を返して下さいと言われる。企業の淘汰は避けられなくなってきた。本業だけでは「生き残れない」と言って新分野への進出を模索する業者も沢山いるが、新分野と言っても地元の建設会社にとっては簡単な事ではないと言って嘆いている。何とかして生き残るしかない。熾烈な過当競争の中、最大の課題はダンピングの克服であり、需要と供給のバランスの回復を待って適正な価格による正常な競争が必要だ。当面は厳しい状況が続くが、何とかして早く環境を整えていくことが大事だと思う。
運輸業 運送業
*12月の荷動きは去年並みあったように思う。しかし、土木関係(ダンプ等)の売上げが若干落ちたようだ。収益等は経費(軽油等)の上昇で中々厳しい状況が続いている。
 
貨物運送業
*年末の為か車輌の回転率良くなって来ている。回転率が良くなる事はそれだけ運収がよくなる事である。世の中景気が良くなってきているのだろうか。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End