情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

12 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
12 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*売上は昨年12月が余りにも悪い数字だったため、今年の12月は昨年同月に比べ若干プラスとなった。累計ではまだ悪い。原油値上りにより、運賃、容器包装資材の値上げあり。
 
水産加工品
*12月は天候が悪く寒かったので、水揚げは数量で65%、金額で90%となり、前年同月に比べ大きく減少した。加工場は赤物の原料不足の中で操業率の低下と売上金額の減少に見舞われたが、冷凍原料年末商材で数量的には前年に近い状態迄頑張り、忙しかった。冷蔵庫は青物の水揚げが少なく稼働率は低下したが、年末商材等で満庫となった。
 
菓子
*期待した年末・年始の商戦も例年並みに終った。この状況は吾々業界だけだろうか?と考えさせられる。中央での株価・福袋の売れ行きが上向いている話題も地方への波及はいつのことやら・・・。今年こそ本物の景気上向きであってほしいと願う。
繊維・同製品 繊維製品
*理想的な寒さにより、全国的に小売が順調で早春物の受注が約10年振りに好転した。年末の縫製工場では来年に対する希望が出てきた。
*対前年同月比における紳士服、婦人服及び下着関係の売上は若干減少となった。
木材・木製品 建具
*長崎県林務課の呼びかけで県内市町村小学校への学童机、椅子設置計画を実施する為に何度か集まって試行錯誤しながらも試作品が出来上がった。数多くの組合員の積極的な参加によって良い製品になりつつある。関係各位の協力によって昔なつかしい木製の机と椅子が学校の教室に一日も早く取り入れられる事を期待している。
窯業・土石製品 陶磁器
*焼物での瓶の口のネジ製造はむずかしいといわれていたが、特殊な製造方法を考案して酒造メーカーからの多くの問い合わせがあっている。
 
セメント
*建設関係が思わしくない為、屋根工事も関連して悪化の傾向にある。
 
生コンクリート
*出荷数量は前年同月比は23.2%(47,549m3)減少し、前月比は1.4%(2,314m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*仕事量は堅調に推移している。収益状況も社によってバラツキはあるものの全体的には若干上昇基調に転じている。
電気機器 電気機器
*実感はないが、業界としては好況なのかもしれない。要は各社とも減量経営体質になりすぎている(人員増員したり、設備投資したりする気にもなれない。もしくは勇気が出ない)。つまり、仕事量が増えて、人員・設備とも不足しているにもかかわらず、増強できないでいる。中小企業の泣き所である財務体質の脆弱さがやはり出てきていると思う。大手各社は空前の利益を出し、次へのチャンスを虎視眈々とうかがっているが・・・・。泣き言ばかりになってしまうが・・・・。来年こそはと思っている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*暖冬の予想が一変し、冬将軍の到来で冬物商品の売行きは好調であるが、品切れ状態である(メーカーも予想外)。※9月〜12月と昨年より売上は伸びている。但し、昨年は組合員2社倒産、1社撤退と組合員は減少した。
小売業 青果物
*寒波による冷え込みでネギ、ホーレン草、春菊、レタス、キャベツ等野菜に影響が生じ、高値となったため、12月の青果物取扱高は、対前年同月比108.6%と半年振りに上回った。17/4〜12月までの累計は、対前期比90.3%とやや持ち直してきたが、依然として前期割れの状態である。
 
鮮魚介
*暮の出足が遅く、例年になく悪かったが、スーパーは多かった。
 
食肉
*BSE発生により、その後の国産仔牛の市場においては高値となっており、思うような売価にできず大変困っている状態である。アメリカ牛については消費者の安全性の確立がまだ完全にはできていない様である。
 
石油販売
*灯油の販売が急増し、品薄状態である。また、スポット価格は急上昇中。
商店街 商店街
*11月18日(土)から12月25日(日)まで『きらきらフェスティバル』を、12月3日(土)から12月25日(日)まで『きらきらセール』を開催し、商店街の活性化に努めた。『きらきらフェスティバル』はイルミネーションをLEDに代える等により、例年以上の電飾ができ、また、土、日、祭を中心にイベントを実施し、市民や観光客に楽しんで貰った。特に、食のイベントはハンバーガーを中心に屋台ショップの内容が充実した。具体的なデーターは分からないが、販売促進に寄与したものと判断する。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
*年末になり商店街の人通りも多少増えたように見え、特に12/31前の一週間ぐらいから多いように思える。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 旅館業
*女神大橋の開通により観光客増加を期待している。温泉地については天候悪化等により相変わらず観光客が増加しない。
*12月の売上高は前年同月に比べ10.2%の増となり、金額では680万円の増となった。雲仙は12月初旬に降った雪が年末迄残り、その間積雪によるキャンセル等が出たが、忘年会(宿泊込み)等の営業で増客となった。
 
飲食業
*景気が回復したようには感じられない。厳しい状況が続いている。
建設業 建設業
*建設投資の減少はなかなか歯止めがかからず、厳しい経営環境を強いられた一年であった。なお、この傾向は来年も続くことが予想され、公共事業等の抑制による事業予算の減少及び単価の下落と厳しさは一段と増すことは必至と考えられる。業界の置かれる環境は従来に増して厳しく、今後は量的変化や質的変化の両方に的確に対応しなければならないのではと思いを強くする。また、業種による温度差があり、好転の兆しが見える製造業は好調に推移している反面、建設業は停滞傾向にあり、不況型の倒産の占める割合は依然として高く、試練の年になりそうだ。
運輸業 運輸業
*12月の売上は例年並みとなったようだ。しかし、収益においては経費の増加(軽油価格の上昇)でかなり厳しい状況である。運賃の値上げを荷主には言ってあるが、見込みはなく、運送業界は大変厳しい状況が続いている。
*軽油の値上げが9、10、11月と実行されなかったのでホッとしていたが、1月から1円50銭の値上りを言ってきており、頭が痛い。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End