情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

8 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
8 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*前月までは回復基調を感じていたが、今月に入ってからは足踏み状態の感じがする。今後少しでも前進できる環境が整えばと思っている。今年も中元商品については厳しい状況だった。                                                                                                                                                                                                                                                                  
 
食料品(水産加工品)
*長崎魚市場の水揚高は前年比、毎月減少しており、冷蔵庫の保管量も少しずつ減少してきている。加工の方も、原油高騰のあおりで中国船の水揚が大幅に減少しており、原料不足の状態が続いている。
 
食料品(菓子)
*今年の中元商戦は、暑さが厳しかったのか、生鮮食料品の敬遠によるのか、菓子類の売行きが良かった。特に「長崎カステラ」「びわゼリー」等の売上が伸びたが、中でも枇杷の実の不作と石油資源高による原材料等の高騰で、収益(利益率)が悪く今秋より販売価格の変更を考慮しなければならなくなった。                                                                                                               
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比95%であるのに対し、本格焼酎は103%、全体では101%であった。在庫数量は、日本酒が前年比85%であるのに対し、本格焼酎は108%、全体では102%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*肌着関係は前年比変わらず、婦人服で多品種・少ロットのものは忙しいが売上は前年並み、経費高。
*日本政府は繊維製品の'06年1〜6月輸入が18億8957点と発表。
*昨年度に比べて、売上は4社が若干良いか横ばい、6社は若干下降気味である。
木材・木製品 建具
*長崎市において、当業界に電子入札が取り入れられた。先に入札があった私共と変わらない形の専門業種分野で、ひとりの職人もいないブローカー的な会社が落札した。書類上での選考による入札許可と思うが、行政からの要望もある。物づくりに携わっている者にとっては、いかがかかなと思う。入札のあり方についてもっと行政と仕事をする人との話し合いが必要と思われる。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*売上高は前年同月比43.6%増、仕入商品他価格の値上がりと工事単価の競争により収益減少。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比4.8%(5,359m3)増加、前月比2.9%(3,360m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注状況は堅調に推移している。また、収益状況(平成18年度第1四半期)では全体的に利益計上で推移している。只、なんと言っても原材料の高騰は収益を圧迫する。
電気機器 電気機器
*受注情況は活況だが、価格が低価格のままで推移しており、採算面は苦しい情況が続いている。材料の高騰(特に銅材、アルミ、石油製品)が顕著で、なかなか下がる気配がなく苦慮している。早い段階で価格への転嫁をしなければならないと考える。
輸送機器 輸送機器
*依然として高操業が続いているが、原材料高騰が不安材料である。
*求人面では売り手市場になっており、若手・優秀な人材の獲得が難しくなりつつある。
その他の製造業 その他(造船)
*内航海運の代船建造需要に好転の動きが出てきているが、全体的な受注環境は依然として厳しい状況が続いている。なお、組合員の今年度新船建造受注高合計は、8月末現在で、前年同期の4倍強と好調な出足となっている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*今夏は猛暑が続いたが、7月末近くまでの大雨の影響で夏物商品の売上は昨年より悪いようだ。(卸はすでに秋冬物に入っている。)来年に持越すことは出来ないので、商品の在庫処分が難しい。
小売業 小売業(青果物)
*青果物取引高は前年同月比129.5%と大幅に上回った。これは、梅雨期の記録的な大雨・長雨による日照不足、梅雨明け後の一転した猛暑等天候不順で、野菜・果物の生育不良を招き、出荷不足となり高値が持続した結果、青果物取扱高の増加となったためである。この傾向は秋物青果物が出揃う10月まで続くものと予想される。
 
小売業(食肉)
*長崎県壱岐地区で和牛のBSE感染が発生した問題で、県下における影響は大きく、小売店では販売が皆無だったが、8月になり5%ほど販売が伸びた。豚肉の売行きが好調である。
 
小売業(石油販売)
*元売との契約価格(仕切価格)が大幅値上げ。(4.2円〜6.6円)各社、5円前後小売価格へ転嫁の動き。
*掛売により小売価格への転嫁遅れが目立ち、総体的に収益が悪化している。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は引き続き厳しい状況が継続しているものと判断している。
*抽選券付売出しを開催(7/29〜8/13)し販促に努めたが、成果は横ばいであった。
*シーサイドフェスティバル(8/5〜8/6)の開催に伴い、島瀬公園・アーケード街でイベントを実施。とりわけ島瀬公園で行なわれたビアガーデンを含む「食のイベント」は予想以上の成果を収めた。また、各店の営業時間の延長を要請した結果、期間中多くの店が21時頃まで延長した。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*長崎市内は売上がわずか増加しているが、他の地域においては減少しているところもあり、県内全体は景気が良くない。特に、石油の高騰、異常気象による野菜類の高騰が影響している。
 
サービス業(旅館業)
*売上高は前年同月比約800万円のプラス、8.6%の増加であった。7月末より発売した新商品「雲仙レモネード」の販売が約280万円、その他の増が約500万円で、秋の観光シーズンにも希望が持てそうな状況である。
 
サービス業(飲食業)
*8月としては近年では最悪の状況だった。例年であれば夏休みは大変賑わうが、今年は特に前半が悪く、お盆過ぎにやっと例年並みに近づいた程度だ。
建設業 建設業
*環境の変化が進み厳しい状況が続いている中で、原油高騰による建設資材及び運搬費の値上がり等のリスクに加え、金利の上昇機運の高まり等々、収益の圧迫要因になってきており、建設不況と物価上昇・金利高が同時に発生し、一層苦しい局面となってきている。今の時代に必要なのは、過去の成功体験や固定観念から脱出できず旧態依然とした経営ではなく、あらゆる人の知恵を借りながらいまいちど意識改革からスタートし、原価管理に徹し、攻め口を変えることが大切のようだ。業界の変化が著しい中で、いつも変わらぬ経営を維持している不思議な魅力を持つ無借金経営の建設業者もいるということも銘記すべきである。
運輸業 運輸業
*8月は軽油が前月比6円上昇した。18年度だけでも10円の上昇である。軽油上昇分を運賃に転嫁しようと交渉するけれどもなかなか厳しい状況である。
*軽油の値上げで売上は変わらないが、支出が増えて苦しい状況だ。タクシー・バス等のように運賃に加算することがトラックの場合はできず、大変だ。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End