情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

10 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
10 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*10月期の売上は前年同月比でプラスになった様子。
*重油の値上げも少しずつ戻っている状況だが、一部値上げを認めた包装資材・容器・運賃等については、その分負担となって残り業績を圧迫するものと思われる。
*これからお歳暮の時期に入るが、近年売上も下り気味で期待できない。
 
食料品(水産加工品)
*前年同月比、数量で102%、金額で121%と久し振りに前年を上回る水揚があった。冷蔵庫も旋網物の入荷増で活気を呈し、水産加工場も年末に向かっての商品作りで忙しくなってきた。
*組合員の中には、売上増加に対応し工場を増設したところもある。
 
食料品(漬物)
*浅漬用原菜価格の高騰が数ヶ月続いていたが、10月中旬以降一転し下降を辿っており、業界としては一息つけている。
 
食料品(菓子)
*「長崎さるく博」も終了したが、ひとにぎりの業者(コースの道沿い)のみが良かったようで、偏った結果となった。集客数は満足度はあったが、消費には程遠いとの声が多い。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比88%であるのに対し、本格焼酎は134%、全体では114%であった。在庫数量は、日本酒が前年比83%であるのに対し、本格焼酎は108%、全体では101%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*小売前年対比減の状態であるが、小ロットであれ前年同月と同じくらいの売上を各社共に維持している。寒さに期待する。
*昨年度に比べて、売上は紳士服オーダー2社が少し上昇、婦人服・婦人肌着等は昨年並みか少し減少してきている。
木材・木製品 建具
*親和銀行の動向(親和銀行を傘下に持つ九州親和ホールディングスが福岡銀行などと業務提携、資本支援を受入れ)が建設業界では大変気になるところだ。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*台風13号の修理関係がまだまだ続きそうで対応に追われる状態。販売価格は他県より仕入れるため一部で商品上昇。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比16.9%(26,612m3)減少、前月比0.1%(100m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注状況は好調を維持。平成18年度上期全体の売上高は対前年比微増(5%)で推移している。
電気機器 電気機器
*現在、操業度としては高水準で推移していると思われる。回転電気機器(モーター・発電機等)業界は、高水準な生産規模を維持しているが、銅や原油の高騰が響き採算的には改善されていないと考える。回転電気機器製造において、材料の主体を占める材料の高騰は、その協力企業へも影響が出ており、中小企業には背筋の凍る思いが続いている。
輸送機器 輸送機器
*好調な操業に伴い、今年度に何らかの設備投資を実行したところが10組合中6社ある。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*好天続き(昼間は高温)で冬物商品の売上が伸びず苦戦している。
*造船関連等に対する機械・機具類の売上は好調を維持している。
*繊維・雑貨は依然として低迷の状態が続いている。
小売業 小売業(電器)
*メーカーの販売店が主催する合同展示会(10月20〜22日開催)の来場者が、若い人が極端に少なく、高齢者が目立った。売上も前年比マイナスとなった。
 
小売業(青果物)
*青果物(特に野菜)が高値安定で推移したため、10月期分の青果物取扱高は対前年同月比114.6%、対前期比も111.7%と増大した。この高値傾向は、9月に被害をもたらした台風13号後に植え付けした野菜が出揃う11月上旬まで続くものと思われる。
 
小売業(食肉)
*アメリカ牛は売価が高く、消費者離れがおきている。
*来年には島原市地区に大型商業施設進出の予定があり、商店街等が厳しい状況に追い込まれるため南高地区は大変である。
 
小売業(鼈甲)
*「長崎くんち」(10月7〜9日)が3連休であった為か観光客も多いようだったが、売上については店によりバラツキがあったようだ。
 
小売業(石油販売)
*業転玉(スポット:業者間で転売されるガソリン)の値下がりにより安値競争が起きている。
商店街 商店街(佐世保市)
*引き続き厳しい状況が継続しているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合"
 
商店街(大村市)
*商店街を活性化させようと始まった一店逸品は1年を経過し、その成果の発表の場として「一店逸品フェア」を開催(10月24日)した。多数の来場者で賑わった。
大村市本陣通り商店街振興組合
 
商店街(島原市)
*島原市の3商店街で昨年度から取り組んでいる「一店逸品運動」について、いよいよその実現化へ向け11月から会合を重ねる予定。大型店には負けない魅力ある個店作りを目指している。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*平戸地区の方からグリーンツーリズム(農山漁村において、その自然・文化・人々との交流を楽しむ、滞在型の余暇活動)についての苦情があった。国・県で民泊を奨励しているが、衛生設備・消防設備が整備されていないのに行政の取締りが不平等との意見があった。
 
サービス業(旅館業)
*売上高は前年同月比11.6%増、750万円のプラスであった。連休に好天が続き、前年の愛知万博分が増客の原因か。
 
サービス業(飲食業)
*相変わらず大変厳しい状況が続いているが、10月期は修学旅行生や観光客が前年同月より増加し、久し振りに売上も多少増加したと思う。地元客の消費はいまひとつ。
建設業 建設業
*建築部門は秋の需要期を迎え、久しぶり多忙を極めている。特に本県は、9月の台風13号の影響で、各種工場関連と個人住宅等補修工事が殺到し、資材・機材不足が生じるほどであるが、契約単価は依然として厳しく、収益への貢献度は少ない。国の経済の見通しに明るい兆しを広げつつあるといわれ、都市部では多忙感が強く、ビル建築が活発であるが、技術者の高齢化や後継者不足など、ビル関係の専門職不足が深刻になってきているとさえいわれている。しかしながら地方の中小建設業者の足取りは依然として重い。都市部と地方、二極化一方の状況である。
運輸業 運輸業
*9月末の台風の影響でみかんなど青果物が減り減収になった。
*軽油は少し下がったが、まだまだ厳しい状況が続いている。
*軽油の値上げが据え置きで値上げが止まったのは良いことだが、値下げが実行されてはじめて経営も良い方に向かうのだろうが、前年初め頃迄の価格まで下がらないと厳しいだろう。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End