情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

5 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
5 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*売上は前年と比べ若干増加したようだ。
*穀物の代替燃料化が進み、原料の大豆が高騰し続けていて、経営を圧迫している状態だ。
 
食料品(水産加工品)
*長崎魚市の前年同月比水揚高は数量は89%、金額は90%でやや少なめであった。(カツオとブリが少なかったため)
*加工場はアジの水揚が少なくて高かったため、やや稼働率が低下した。
*冷蔵庫は平均的な稼働状況であった。
 
食料品(菓子)
*売上高が微増しつつあるが、在庫数が減少し雇用人数も現状から減少、増員は差し控える傾向で、固定費の削減に努める傾向にある。
*最近、銀行融資の貸し渋りの声をよく聞く。また、融資までの日数が長くかかり、銀行側の対応がよくないとの声も出ている。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比109%であるのに対し、本格焼酎は113%、全体では112%であった。在庫数量は、日本酒が前年比95%であるのに対し、本格焼酎は109%、全体では105%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*受注得意先の増加により、売上は弱含みで前年並み。
 
繊維製品
*前年対比、紳士服オーダーは微増、婦人服は横ばい又は微減。
木材・木製品 建具
*長崎地場の大手銀行である親和銀行の福岡銀行による吸収合併がどう影響するのか大変心配だ。親和銀行の融資先や株主には建設関係の業種が多いと聞くが、しっかり支えてもらいたいと思う。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*売上は前年度比50%増
*新築は相変わらず少なく屋根替え工事がほとんどで、5月までは前年より収益は上がっている。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比-11.0%(13,599m3)減少、前月比-1.8%(1,998m3)減少した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*一部組合員の中には落ち込みもあるが、受注・生産高共に堅調に推移している。
*設備投資においては、工作機械の購入が3社程出てきそうだ。
*今年度は社員教育に力を入れ、各階層に合った「教育・研修」を実施する。
電気機器 電気機器
*利益なき繁忙を続けている。明るい先行きが見え隠れする中、なかなか光がささず苦労している。好調な受注状況を利益確保に結ぶべく努力を続けている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*不動産業者からの空き店舗の問合せが多くなった。(福岡の業者が多い。)また、製造業関係で土地を求める問合せも数件あった。
*景気は上向きと言われているが、地方卸業界はまだまだ厳しい状況だ。
小売業 小売業(青果物)
*青果物の市場経由率が全国的に減少傾向にあり、市場の活性化が急務となってきている。遅まきながら、長崎市場も活性化事業計画を作成し、活性化へ向けて歩み出そうとしている。
 
小売業(食肉)
*市場全体・商店街全体の集客力がますます低下し、客数減・売上減が顕著であるのに加え、諸経費の上昇がじわじわと実感として影響が出てきている。
*法人・個人共に営業段階での赤字経営を余儀なくされている。
 
小売業(石油販売)
*5月・6月は仕切価格(元売との契約価格)の値上げで、それに相応した小売価格へ転嫁の動きがでている。
商店街 商店街(佐世保市)
*引続き厳しい景況が継続しているものと判断している。
*4月28日から5月8日までゴールデン子供まつりを実施、連休後半は雨で人出も少なく例年以下の成果であった。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*親和銀行の合併発表があり、取引のある旅館・ホテルから問合せがあった。(運転資金・設備資金・保証協会の保証問題等)これからも従来どおり前向きに融資をしてほしいとの希望が多い。
 
サービス業
(旅館業)
*5月売上高は、前年同月比5%増、金額で370万円増となった。ゴールデンウィーク中の客の増加が要因である。
 
サービス業(飲食業)
*5月は地元客・観光客共に減少。相変わらず大変厳しい状況が続いている。
建設業 建設業
*政府建設投資が減少する中で、民間の建築部門は諸々の影響で昨年10月以降の増勢を維持している。90年代の建設ラッシュ期のマンションほか構造物の老朽化で、維持・補修及び改修工事と住宅リフォームの関心が高まり受注物件が多い。が、しかし建設業者数の過剰供給構造の中で競争が激しく、契約価格は厳しい。また地元金融機関でも県境を越えた経営・統合が本格化し、現実のものとなった。建設業者に対する貸出姿勢が一段と厳しさを増してくるのでは・・・との不安を払拭できない。
 
建設業(管工事)
*平成19年5月中に2社廃業し、現在組合員数は57社となっている。
運輸業 運輸業
*5月は軽油が前月比5円も上昇した。今までの最高値である。5月以降もまだまだ上昇してきている。
*運賃はなかなか上がらない。厳しい状況が続きそうだ。
 
運輸業
*業界全体とすれば車の動きは増してきているが、6月より軽油が再値上げになり、出費が増え、苦しい経営が続く。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End