情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

7 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
7 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*ここ数年前よりギフト製品の動きは鈍く厳しい状況の中で、重油の価格は止まる所を知らずに毎月上がり続けている。その影響で、包装資料及び原料関係は一方的に値上げを実施、特に大豆に至っては、代替燃料の影響で毎月高騰を続けている状況だ。
 
食料品(水産加工品)
*長崎魚市の前年同月比水揚高は数量で129%、金額で111%と台風の影響の割に多かった。
*そのため冷蔵庫・加工場も忙しかったが、加工の方はメインのアジの水揚が少なく魚価が高かったため、原料の確保に苦労した。
 
食料品(漬物)
*我々の業界では売上を伸ばすことができず、その反面機械設備の保守管理費は増加傾向にあり、利益を圧迫しそうにある。
 
食料品(菓子)
*7月期の売上・収益状況は悪くもなく、良くもない。
*最近よく耳にすることは、貸し渋りが多く、条件が厳しいようで融資査定の決裁に要する時間が長くなっている。新商品開発や設備投資へ影響しており、各企業の経営状態の良し悪しにも関係しているようだ。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比80%であるのに対し、本格焼酎は88%、全体では86%であった。在庫数量は、日本酒が前年比95%であるのに対し、本格焼酎は106%、全体では104%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*小ロット・多品種の受注状態。
 
繊維製品
*前年同月比、紳士服は横ばい又は若干下降気味で推移、婦人子供服は横ばいで推移。
木材・木製品 建具
*最近の住宅の工法又ニーズの変化によって、我々が従来もっていた技術を発揮する場や仕事が無くなってきている。モノづくり・人づくりと限られた状況の中で声は上がっているが、ただの声掛け運動に終わっているようだ。
*先日、国有材に対する行政のあり方について苦言が呈されていた。日本文化を支えてきた木造建築の見直しを真剣に考えなければならないと思う。
窯業・土石製品 窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比-20.5%(23,047m3)減少、前月比-9.4%(9,263m3)減少した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*企業によってバラつきはあるが、全体的には受注・生産高とも堅調に推移している。価格競争は依然として厳しく、コストダウン要求が厳しい企業もある。
*人材育成の一環として、合宿研修で「上級マネジメント能力開発セミナー」を実施、25名が参加した。
電気機器 電気機器
*仕事量は充分に確保され、操業度はかなり高いところで維持されている。一方、原油高、銅・アルミ等金属素材高は、依然として続いており経営を圧迫していることは間違いないと考える。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*依然として繊維業界の売上不振が続いている。小売店の販売不振、減少等県北の経済が冷えきっている。親和銀行の今後の動きに注目している。
小売業 小売業(電器)
*梅雨明けが昨年より遅れたため、夏物商品(エアコン・冷蔵庫)の売上が減少した。
 
小売業(青果物)
*野菜の価格低迷が昨年11月より続いている。かろうじて果実がカバーしているが、大幅にカバーする力強さはない。
*7月期分の青果物取扱高は前年同月比109.2%と持ち直してきているが、4〜7月期までの累計では前期比93.9%と前期割れである。お盆商戦に期待がかかる。
 
小売業(食肉)
*7月は例年売上減少の月ではあるが、本年は特に顕著である。食に対する消費者の安全・安心志向が強くなる一方で、6月末に北海道で発生した食肉偽装表示問題等により、不安・不信を与えてしまった業界の信頼回復には更なる努力が必要である。
 
小売業(鼈甲)
*7月末、県内トップクラスの鼈甲製品製造メーカーと関連販売会社が破産した。これに伴う下請職人の方々のショックは大きかったのではないかと思われる。
 
小売業(石油販売)
*平成19年3月より原油高騰で5ヶ月連続の元売値上げ基調で推移。
*小売の転嫁不足により、業況は悪化。
商店街 商店街(佐世保市)
*具体的なデータは無いが、引続き厳しい景況が継続しているものと判断している。
*7月14日から8月5日まで抽選券付サマーセールを実施。抽選券の使用状況は前年度並みであった。
 
商店街(大村市)
*本陣通りアーケードの改修工事が完了し、7月21日から7月28日まで「本陣通りアーケードリフレッシュ記念セール」を実施。サマージャンボ宝くじが抽選で30名様に当たる投票券を2,000円お買い上げ毎に1枚配布した。同時に「天正少年夢まつり」(天正少年夢まつり推進市民会議主催)がスタート。
 
商店街(島原市)
*7月21日から8月11日までの各土曜日に『土曜夜市』を開催。(毎年開催しており今年で25回目。)おもちゃやカキ氷などがアーケードに並び、家族連れや浴衣を着た若者達で賑わう。
*長崎県商店街再発見支援事業ヒアリングが7月26日に万町・中堀町・中堀町下の商店街を対象に行なわれた。
サービス業 サービス業(情報)
*政府出資特別法人(株)長崎ソフトウエアセンター(長崎県の情報化社会に対応する産業人材・企業育成の推進機関)閉鎖に伴い、代わりに長崎県高等技術専門校にてIT研修会を開催(主催:長崎県産業人材課)したところ、予想以上の申込み(定員の約4倍)があり、人材育成への関心の深さを実感した。景気は低迷しているが、経営者は前向きに人材育成を考えているようだ。
 
サービス業(旅館業)
*台風の影響で宿泊客のキャンセルが出た。
 
サービス業
(旅館業)
*7月売上高は、前年同月比10.7%増、金額で約600万円増となった。しかしながら、仕入も前年同月比10.3%増、商品単価の値上げもあり収益はほとんど横ばいの状態。
 
サービス業(飲食業)
*厳しい状況の上、選挙も重なり大変苦戦している。
建設業 建設業
*本県では、地元銀行が自主再建を断念し、県境を越えた大手銀行の傘下となり、金融再編が進んでいる。公共事業の削減で苦境が続く建設業者は、長引く原油高や鉄鋼などの原材料高が経営を圧迫しており、「これまで通り融資が継続されることは考えにくい。」と表情を曇らせる。一部の大手だけでなく、産業全体が浮揚しないと我々は生き残れないと悲鳴をあげている。
 
建設業(管工事)
*平成18年度(4月〜3月)の倒産が3社だったのに対し、平成19年度は4月〜7月までに7社倒産している。平成19年8月1日現在の組合員数は、正組合員54社、準組合員11社、賛助会員2社となっている。
運輸業 運輸業
*夏場になるとどうしても売上が落ちてくる。毎月の軽油の値上げで収益は悪化してきている。厳しい状況が続いている。
 
運輸業
*燃料代の値上がりが続き困っている。ガソリンスタンドにもよるが、今年3月から7月までに15.20〜17.70円の値上げ。そして8月よりさらに3円の値上げが予想される。誠に苦しい毎月だ。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End