情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

6 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
6 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*醤油・味噌の価格改定を終え、消費者の購買動向に注目しているが厳しい状況である。
*主原料をはじめ包装資材関連や石油等の値上げも続いており、売上回復への取組が急務である。
 
食料品(水産加工品)
*6月水揚高は、前年同月比数量で105%、金額で113%であった。
*中国産加工品が嫌われ、大型小売店や生協のニーズが国内産加工に向いてきて、量産できる工場は受注が増え忙しくなった。
*しかし、燃油の異常高騰や国内産魚の需要の高まりで魚価が値上がりしている上に、他の材料も値上がりで、製品価格はなかなか上がらないため、経営的には厳しくなってきている。
 
食料品(漬物)
*一部の組合員を除いて、全般的に業績不振が続いている。
 
食料品(菓子)
*原材料・包装資材等の値上がりで売上単価アップを各店とも実施した。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比93.5%であるのに対し、本格焼酎は106%、全体では103%であった。在庫数量は、日本酒が前年比97.8%であるのに対し、本格焼酎は102.4%、全体では101.4%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*各社受注は上向き傾向。
 
繊維製品
*前年対比の売上高は、紳士服関係・婦人服関係、全体的に悪化している。
木材・木製品 建具
*全国建具組合連合会主催の展示会・業者大会(北海道函館)が行われ、長崎県から11名が参加した。年々参加者数も減少しているようで業界の衰えを感じる。
*公共工事の減少・民間工事の過当競争の中で、構造的な下請体質の業界はどう生き残るのか必死の状態だ。公共物件の中での建具・家具関係の修理・取替工事等業界で対応できるものも多分にあると思うので、ひとつ力を貸していただければ・・・と願う次第である。
印刷 印刷
*依然として厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*原材料の高騰は、あらゆる業種に大きな影響を及ぼしているが、窯業も厳しい局面を迎えている。特に、新たに浮上してきているのがカタログ販売への記載で、毎月のように原料が上がっているが価格改定は難しい。将来的にカタログに記載しないとなれば、販売の機会が少なくなり販売低下を招くことも発生する。
 
窯業・土石(セメント)
*売上高は対前年比78%。
*梅雨の長雨のため、葺き替え工事(屋根)等受注していても工事に着工できない状態。
*新築着工件数の減少により元請からの工事単価引下げの要望がある半面、材料・副資材の大幅値上げのため赤字受注が続いている。
*業界全体は非常に厳しい状態だ。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*上五島並びに下五島地区における建設物価調査会による調査に於いて、生コンの積算単価が1,000円アップした。引き続き各地区において値上げ交渉が進むものと思われる。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*仕事量は企業によって若干の山谷はあるが、ほぼ確保している状態である。
*原材料の高騰は厳しく収益を圧迫する。また、物によっては品不足が発生することも考えられる。
一般機器 *原材料の高騰により、受注量・収益が悪化している。
電気機器 電気機器
*引続き材料費高騰があり、販売価格も連動して交渉している。
*間接消耗品・事務用品等全般的な高騰により収益性を圧迫。
*先行き高騰は続くと見込まれ、見積がやりにくい。
輸送機器 輸送機器
*共同購入品のガス類・溶材・シンナー・コピー用紙の値上げ要請に対し、10〜20%アップを認めざるを得なかった。年間費用約120万円増。売価への反映は困難を極める。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(青果物)
*平成20年6月期の青果物取扱高は、前年同月比99.1%とわずかながら前年を下回った。
*野菜の出荷は順調で安定価格で推移し、むしろ消費が減退気味であった。
*露地ビワは出荷が遅くまであり供給過剰、単価が暴落して低調であった。
 
小売業(鮮魚介)
*梅雨・長雨の時化(しけ)と、底引き(遠洋物)船のドック入り(5月中旬より7月中旬まで検査・点検のため)により漁を休業。
*ガソリン高騰のため船の休業が相次ぎ、入荷量が極端に少ない月であった。
 
小売業(食肉)
*梅雨入りからの悪天候続きで来店客数が極端に減少し、近年例のない売上水準であった。天候の影響ばかりでなく、加えてガソリンの値上げに始まり、身近な生活関連品、特に食品に関しては二度・三度の価格改定で消費者の購買意欲も減退し、節約ムードが顕著である。さらに7月から公共料金等の値上げも予定されており、先行きの不安から食卓に肉料理が上がる回数もますます減りそうである。採算面でも非常に厳しくなっており、商売として成り立ってゆかない状態がそこまできている感がある。やめられるものであればやめたいと廃業を口にする業者もいる。
 
小売業(石油販売)
*石油製品価格の高騰により消費者の買い控えが見られ、業者の減販が顕著である。資金繰りが悪化している。
商店街 商店街(佐世保市)
*引続き厳しい景況が続いているものと判断している。
*原油高騰から波及している物価上昇は、小売業にとって一層厳しくなると予測している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*原油高騰による仕入れ価格と諸経費の値上がりで経営が苦しい状態。特に離島地区のガソリン代が高い。
 
サービス業
(旅館業)
*平成20年6月売上高は前年同月比△6%減、金額では約300万円の減少。ただし、これは数字のみで仕入れ価格の値上げ分を案分すると実質のマイナスは650万〜700万円となる。7月も厳しい状況は改善の見込みなし。
 
サービス業(飲食業)
*売上高は対前年比5〜10%ダウンであれば良い方。オフシーズンに入り、平日は通りもまばら。
*原料高騰が相変わらず続いており、客数減と共にダブルできつい状態。夏休みシーズンも客足が心配。
建設業 建設業
*老舗の建設業中堅クラスに危機的状況相次ぐ
 いま、建設業は、未曾有の閉塞感に苛まれている。
 この要因は、公共事業はこの10年間減少の一途をたどっており、昨今の情勢は、資材高などにより工事採算の悪化に加え、供給過剰な状況のなかで、暫定税率の失効や建築確認の問題など、かつて経験したことのないようなダブル・トリプルでいろいろな状況が迫ってきて、不況に拍車がかかってきている。
 この様に苦しむ中小企業が増えるなか、資金繰り悪化に銀行の融資抑制が追い討ちをかけ、優良な企業までも苦境に陥っているのが実態である。
 
建設業(電気工事)
*平成19年度は9社が、倒産その他の理由で組合を脱退。
 
建設業(管工事)
*組合員1社自己破産(6月11日)により、現行会員数は、正会員52社、準会員13社、賛助会員2社。
運輸業 運輸業
*毎月の軽油の値上がりに大変収益が悪化してきている。仕事量も少々減ってきているようだ。大変厳しい状況が続きそうだ。
 
運輸業
*運送業界は油の価格の値上げが毎月のように実施されている。今に始まった値上げではないが、昔のように値下げがないので本当に経営が苦しくなってきている。運送量は増えているが運賃値上げが思うように荷主に応じてもらえず、走るだけ赤字となるケースも発生している。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End