情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

10 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
10 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*10月は販売数量に若干回復の兆しが出てきたが前年数量までにはまだ厳しい状況である。
*売上金額については前年に近づきつつあり、前年オーバーのところも出てきているが、収益面ではまだ非常に厳しい状況が続いている。
 
食料品(水産加工品)
*長崎魚市場の水揚高は、前年同月比119%と大量に入荷し、冷蔵庫・加工場共に稼働率は高かった。
*サバの水揚が多かったが、サイズが小さく大部分が飼料向けであった。
 
食料品(食品)
*10月末にて組合員1社廃業した。
 
食料品(菓子)
*大手商業総合店舗が開店し、客足の流れが変わった。
*既存の店舗も出入が激しく、周辺の旧店舗の廃業・閉店が出た。組合員数の減少に繋がる。
*「長崎くんち」の商戦は、平日のためか低調だった。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比80.1%であるのに対し、本格焼酎は97.6%、全体では91.6%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比101.3%であるのに対し、本格焼酎は101.6%、全体では101.5%であった。
木材・木製品 建具
*住環境の構造的な変化(特に洋風化)、さらに大手製造メーカーによる室内工事の既製品化、そしてガソリン価格の高騰による業界が必要な原材料の値上げ、さらに世界的な経済不安・株安、政局不安…私たち小規模の組合はこうした大きな波のうねりの中でまさにもがき苦しんでいる。
*目先のことでは問題解決にはならないと思うが、年末を迎えるにあたり不況対策としての融資をもう少し規制を緩めて借り易くできないものか。
印刷 印刷
*厳しい状況が継続しており、なかなか明るい兆しが見えてこないようだ。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*近年にない売上が厳しい状況となって最悪の状況となっている。
 
窯業・土石(セメント)
*売上は前年比6.2%増、粗利198%減。
*相変わらず厳しく、横ばいの状況。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*来年4月からセメント価格について「3,000円値上げを実施する」と業界誌に掲載されており、来年度からは生コンクリートの価格を上げざるを得ない状況となっている。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注環境が厳しくなりつつある。外販はここ1ヶ月で受注が減少、先行きが見えなくなってきた。特に来期の経営状況は悪化すると予測する。
*人材育成においては、「原価計算/原価管理」セミナーを実施し、42名が受講した。
一般機器 一般機器
*最近、受注分に対しての納期を先延ばしするケースが多くなっている。(1〜2ヶ月ならともかく、半年以上のケースもある。)その間の受注(仕事量)確保に苦労している。今後はキャンセルも考えられる。
電気機器 電気機器
*鋼材等の値上がりは落ち着いてきた。
*生産・売上の量は多い。
 
電気機器
*金融問題に端を発した不況をいかに生き抜くか大変な問題である。
*これまでは仕事量については確保されてきたが、今後どのように変化するか難しい判断を迫られる。
*これまでの高負荷を支えてきた自動車関連の沈下が、鉄鋼・半導体等に影響を及ぼし、ひいては製造業全体の沈下へ繋がっていくと考えられる。
輸送機器 輸送機器
*スクラップの価格は急落しているが、鋼材価格に反映されていない。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*長崎市の大型商業施設「ココウォーク」のオープン、佐世保市にも近々「ドンキホーテ」「レッドキャベツ」等の店がオープン予定で、地元の小売店には死活問題であり、同時に卸業も同様である。完全に弱肉強食の時代だ。
*政府は中小企業対策に一刻も早く取り組んでほしい。
小売業 小売業(電器)
*家電業界は相変わらず量販店の覇権争いが続き、そのしわ寄せは組合員店へ押し寄せる。
*地上デジタル放送受像機では、金額より、安心して任せられる組合員店へ顧客の気持ちが近づいてきた感じを受ける。
*安心・安全は「食」だけでなく、家庭内の電気製品でも同じである。
 
小売業(青果物)
*青果物(野菜・果物)は、台風等災害の被害もなく、概ね順調な出荷が続いている。しかし、世界同時不況の不安から景気の停滞感が増し、消費が一向に盛り上がらない。
*平成20年10月期の青果物取扱高は、前年同月比96.4%と低調であった。
 
小売業(鮮魚介)
*今月は祭りが各地区で行われた。けれども「長崎くんち」が平日だったため、帰省客・県外客も例年に比べて少なかった。
 
小売業(食肉)
*国内外の様々な出来事の中、先の見えない不安な現状での動向は、小売業各分野共通であろうが、消費者の財布のひもは益々堅くなってきており、売上高の減少が目立つ。当然、収益の状況も悪化の一途をたどり、景気回復にはほど遠いと感じる。歳末のかき入れ時はどうなるのだろうと不安を口にする者も多い。
 
小売業(石油販売)
*原油価格の大幅な下落や円高推移により、元売りの調達コストが低下、石油製品価格は下落傾向である。
*販売量の落ち込みにより販売競争は激化している。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は引き続き低迷している。
*米国の金融破綻から更に厳しい状況になると憂慮している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*長崎県立島原商業高校の生徒による実験的店舗「島商ップ」は順調に営業中。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*中小企業対策の実効が伴っていない。
*新規取引の借入れが難しい。
*円高で近隣諸国(韓国・中国等)からの旅行客が少なくなった。
 
サービス業
(旅館業)
*9月に外部より参入した大型ホテルの影響を受けている。大店立地法のような規制がホテル業界にも必要。
*10月からの世界的な不況も大きく響いている。地元の銀行自体が業績悪化で苦しんでいる様子。我々中小企業にしわ寄せがくることを懸念している。
 
サービス業
(旅館業)
*平成20年10月売上高は前年同月比△5%、金額で△370万円のマイナス。月の前半の不調が全体のマイナスになった。後半から来月(11月)にかけては予約が入っており、来月に期待したい。
*金融機関の貸し渋り・貸しはがしの話を聞く。きちんとした調査と対策をお願いしたい。
 
サービス業(飲食業)
*「長崎くんち」が平日だったため、前年同月比でダウン傾向が続く。
*原材料価格の高騰が続く中、株価下落を含む外部環境が更に悪化しており、ますます価格転嫁ができなくなり、収益悪化要因となっている。
建設業 建設業
*仕事量はみるみる減ってきて、仕事が無いと頭を抱える。仕事はあっても値下げ競争が起きて、たたき合いが続いている。
*今年に入り、建設関連の企業の破綻が、これまでに経験したことのない速さで進行している。これまでは利益を上げてきた地元中堅建設業者は、黒字でありながら突然、資金繰倒産をするという異常事態が現実に起こっている。
*元請・下請企業の経営に影響が出てきており、早急に金融を安定させる対策を望む声が強い。
運輸業 運輸業
*先月(9月)から軽油価格が下がってきている。しかしまだ高値である。今後どこまで下がってくれるかを期待している。
*仕事量は年度末にかけて若干上向いているようであるが、厳しい状況が続いている。
 
運輸業
*運送業者にすれば、油代の値上げは経営上最も影響を受けるが、10月より半年前の価格程度の若干の値下がりの通知がきた。しかし1年前頃からすれば高値のままであり、売上比率に占める油代の割合は大きい。今後の更なる値下げを期待し、経営の安定化を願う。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End