情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

2 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
2 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*2カ月続いて前年同月並と回復の兆しがあった売上金額が、2月はダウンとなり厳しい状況となった。
*収益面は、売上数量の前年割れが依然として続いており、なかなか改善できない。
 
食料品(水産加工品)
*景気の悪化で製品価格が下がり、売上も低迷し、経営が厳しくなってきている。
*冷蔵庫は荷物が動かないため満庫状態であるが、収入が減少して大変である。
 
食料品(菓子)
*年明けから2月は売上が減少し、毎年新製品の開発の時期だがその意欲がない。
*金融機関は菓子業界に限ってか、相変わらず対応が厳しく、マスコミで発表されているような融資促進の話とはほど遠い。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比111%であるのに対し、本格焼酎は83%、全体では89%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比76%であるのに対し、本格焼酎は103%、全体では97%であった。
木材・木製品 建具
*年度末が近くなると、今年は特に世界的な不況の影響で、組合からの脱退者がでないことを祈るばかりだ。
*行政のセーフティネット制度の利用を、関係機関から呼びかけてもらっているが、あまりにも先行きが不透明な状況の中で、セーフティネットの利用すら控えているのが業界の現状だ。
印刷 印刷
*個別にはこの時期(年度末)若干の増加があったところもあるが、全体的には厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*ほとんど受注がなく、昨年より収益は悪化している。(収益前年比△42.8%減。)
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷状況は前年比約△15%ダウンの実績だが、ここにきて官公需の発注が幾分増加傾向にあり、来年度の需要は多少回復するのではないかと思われる。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*世界的同時不況の影響を受け、取引先のプラント関連工事の中止又は延期により、4月以降の仕事量確保が困難になり、受注環境は更に悪化する。
一般機器 一般機器
*何を言っても愚痴になってしまう。最短での景気回復を祈るだけだ。行政の迅速な対応を望みたい。
 
一般機器
*最近の経済状況は、設備投資減及び市場低迷により見積案件が減少、先行き非常に不透明となっている。
電気機器 電気機器
*年度末もあり受注増、価格は安定している。
 
電気機器
*すべての製品とは言わないが、懸念していた通り急激に仕事量の減少が見られる。今後の資金調達を含め影響は大きいと考える。
*人を減らさざるを得ないのが現状だ。設備についても操業を落とさざるを得ない。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(電器)
*2月に入り売上は低下した。販売価格も低下傾向にある。3月・4月の新年度販売に期待している。
*固定経費の負担により2月は収益が悪化している。
*資金繰りは全般的に心配はなかった。
 
小売業(青果物)
*消費が大幅に後退し、平成21年2月期の青果物取扱高は、相場が安値で推移したこともあり、前年同月比80.5%と大幅に割り込んだ。平成20年4月からの累計においても前期比99.3%と前期割れとなった。県内産の春野菜が出揃う3月期を期待しているが見通しは厳しい。
*平成20年度小企業者モデル組合の指定を受け、2月25日、中央会の助成により組合員を対象に講習会を開催した。「経営管理と販売方法」をテーマとし、栗林中小企業診断士による熱のこもった講義を拝聴し、有意義な講習会となった。
 
小売業(食肉)
*元来、2月は営業日数も少なく売上高は落ち込むが、前年度と比較しても年明け以降の販売不振は目に見えて顕著である。この極端な節約ムードの中、今月行われた冬の一大イベントにおいても消費拡大への波及効果は一部に留まり、業界としては期待ハズレであった。
*一方では、消費不振による原料相場の低迷で仕入原価が若干下がり、利益率が微増であった為、その部分は相殺され低いレベルであるが収益的には変化はなかったようである。
*今はこの状況にじっと耐え、売上の維持に全力を尽くすのみであるという声が多い。
 
小売業(石油販売)
*ガソリン需要の低下と販売競争の激化により、業績は悪化している。
*前年3月末と比べ、約40件のSS(サービスステーション)が閉鎖した。今後、効率化を含めSS縮小傾向が予想される。
商店街 商店街(佐世保市)
*米国に端を発した金融危機の影響をはじめ、全ての面で景気は低迷しており、小売業にとって引き続き厳しい景況が継続している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*世界的な景気の大幅な減速で、顧客が減少、収益の大幅な悪化、廃業の急増など厳しい経営に直面している。
 
サービス業
(旅館業)
*ビジネス客の大幅な減少と過度の価格競争により、企業の収益はかつてないほど悪化している。今後、地域の基幹産業である造船業の操業度が低下すれば、更なる悪化が予想され、現状では明るい見通しは全く立たない。
 
サービス業
(旅館業)
*平成21年2月売上高は前年同月比△30%のマイナス、金額で△2,280万円の減収となり、4か月連続のダウン。3月も好転の兆しが無く、非常に厳しい状況が続きそうで、行政・金融機関の支援を強くお願いしたい。
 
サービス業(飲食業)
*「長崎ランタンフェスティバル」が1月からスタートした分、前年同月比では2月は大幅ダウン。
*「長崎ランタンフェスティバル」での人出が減少したことはもちろんだが、前年に比べ単価下落が大きく、売上・収益が悪化している。
建設業 建設業
*どの様に表現すればよいか分からないほど様々なことが次から次へと起こって、このところ毎日暗いニュースばかり。金融危機が実体経済に影響を与え、地域経済を脅かしている。
*公共事業では特に土木工事は厳しく、経済状況を受けて不透明な面があり、建築も民間設備投資の抑制により、この厳しい状況は今後も続くものと思われる。
*建設業者は既往からの薄利体質で、必要資金(運転資金)の調達が困難となり、経営不振先は増加の一途をたどっている。
運輸業 運輸業
*年度末というのに、仕事量が急速に落ちてきている。
*軽油価格は落ち着いてきているが、仕事量が減れば厳しい状況が続きそうだ。
 
運輸業
*最近の油の値上がりと荷動きの減少で、同業者の閉店や組合を脱退する業者もあり、運送業界も昨年から厳しくなってきているところもある。中小企業はちょっとした社会の動向に左右される。今後の世界経済が悪化の方向に進んでいくので、毎日の会社経営が心配でならない。ただ、中小企業向けのセーフティネット融資が行われているので、一時的に助かった。しかしながら借りると返さないといけないので悩みは尽きない。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End