情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

3 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
3 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*3月は売上高が前年をオーバーした企業も一部にあったが、全体的には売上、収益面共に厳しい状況が続いている。又、業界の景況は悪化している。
 
食料品(水産加工品)
*天候が悪く水揚げは前年比71%しかなかった。
*加工品の生産販売も落ち込み、冷蔵庫の入庫量も減少した。
*年度末で組合員1名脱退。
*3月末からブリの入荷があり、フィレー加工の仕事が少しづつ増えてきた。
 
食料品(漬物)
*下降を辿っていた業績が年度末(3月)において前年同月をキープした。新年度においても業績アップするよう業界の連携を密にし会員企業が少しでも向上することを望む。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比98.9%であるのに対し、本格焼酎は96.1%、全体では96.9%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比89.6%であるのに対し、本格焼酎は102.9%、全体では100.4%であった。
印刷 印刷
*前年同月と比較にはならないが、前月に比べると幾分かいいところもあった。しかし、全体的には依然として厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*原油の値上がりに伴って、ガスも徐々に値上がり傾向にある。
 
窯業・土石(セメント)
*着工件数減少と単価低下の為、収益状況はますます悪化となっている。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*平成21年度の出荷状況は、前年対比100.2%の実績となっているが、1月から3月までの出荷状況は前年比95.2%と減少傾向にあり、今後の出荷は不透明な状況となっている。
*販売価格については長崎市の積算単価が上がっているが、他地区に動きは見られない。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属(金属製品製造業)
*受注環境は依然として厳しい状況である。仕事量の減少に加え、コスト削減△20%と22年度は正に正念場である。
*厳しい状況の中ではあるが、21年度最後の教育研修を実施(工場改善の進め方)した。
一般機器 一般機器
*毎年年度末は売上、利益共に減少するが4月以降も期待は出来ず、相変わらず苦しい経営を組合員は強いられている。長年情報連絡員をやっているが組合員への聞き取り調査をするのも最近苦になってきた。皆さん元気なく愚痴ばかり聞かされるからだ。景気回復はいつになるのか毎日溜め息の連続だ。
 
一般機器
*売上高の減少(5社)、価格競争の激化(4社)と引き続き経営環境は厳しい。
輸送機器 輸送機器
*2月期分報告時よりさらに長崎県内の状況は悪化の情報が多々あり。不景気の底は今からやってくるものと思われる。三菱重工の取引先3割削減やISO関係や風力発電の海外製作等、当県取引先にとって不安材料ばかりである。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(電器)
*家電製品エコポイントが3月末で終了。新たな制度が4月から始まる。4月からの制度は認定条件が厳しくなるので、その前の大型テレビ買い替え需要が大きく伸びた。冷蔵庫、エアコンの動きは低調だった。
 
小売業(青果物)
*3月決算期を迎え、青果物の取扱高は前期比94.4%、3月期分でも前年同月比93.1%と、年間を通じ業績は低調であった。
*日銀短観では、大手製造業の景況感が大幅に改善する見通しであるという。我々業界がそのような思いを抱くことができるのはいつであろうか。"春まだ遠し"の感である。
 
小売業(食肉)
*地域によっては相次ぐ複合商業施設の新規開業等により、一時的ではあるが、広範囲に売上に影響が出たようである。以前であれば大した問題ではなかったが、低迷の続く現状の中では、深刻な事態を招くと不安を訴える組合員もいるようだ。時期的な要因により、仕入れ価格の上昇も小幅ではあるが全般的に動いてきており、今後の商環境はますます厳しさが増してくるものと考えられる。
 
小売業(鼈甲)
*売上高は前年同月比70.84%となった。
 
小売業(石油販売)
*原油高、卸高に小売りは販売競争の激化も加わって小売価格への転嫁不足発生、収益状況に危機的な悪化出現。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は引き続き厳しい状況が継続している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*中堀町商店街では21年7月から、県・島原市の補助を受けて「まちなか活性化・貸しホール事業(映画館跡のホール)」を今年22年3月31日迄の期間実施した。最初は利用は少なかったが、今年の2.3月は結構利用が多くなった。最後は島原出身の現役島原高校生タレント・宮崎香蓮さん主演映画「育子からの手紙」という難病・白血病の少女の話。全国公開の前に島原で先行上映会を開催し大好評だった。
*時代は幕末、勝海舟・坂本龍馬一行が一番街商店街・現在の「エレナ」に建て替わっているが旧・中村家・庄屋に長崎への行き帰り立ち寄った場所なので、看板等を建てて観光客・市民の皆さんにアピールしようと考えている。もうすぐ完成予定。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*地元の大型テーマパークの存続が決まり、観光イメージの低下は避けられた。しかしながら、引き続きビジネス客の減少に歯止めはかかっておらず、売上の低下傾向は続いている。パート、アルバイトの人員も減らさざるを得ず、この状況が続くと正社員の雇用にも悪影響が避けられない状況となっている。
 
サービス業
(旅館業)
*3月売上は対前年同月比△4%、金額で約300万の減少。前月も△4%だったので、来月からの春のシーズンに期待したいが、厳しい状況は変わらない。
 
サービス業(飲食業)
*三連休の人出は前年よりも多かった感がある。ただし、平日の人出は前年よりも少なく、平日の落ち込みをカバーするまでは至っていない。
*単価下落もあり、売上は前年比5〜10%近くのダウン。
建設業 建設業
*年度末で官庁の工事の発注が少しづつ行き渡ったことと緊急保証制度に伴う返済猶予など政府の政策効果の恩恵をうけて業界の倒産は沈静化傾向にあり、大きな変化はない。
*一方民需はデフレ傾向が鮮明となり、先行き不透明感が強く不安がぬぐい切れず依然低迷している。
*返済猶予を受けた先も全体として仕事が少なく回復が遅れているので、新たな資金調達ができなくなると、金融機関の対応次第では政策効果が息切れする夏ごろに再び厳しい状況に転じるのではと危惧している。
運輸業 運送業
*年度末というのに例年のように荷動きがよくなかった。元気もよくなくダンプ等の動きもいまいちだった。4月以降を考えると恐ろしくなってくる。
 
運送業
*前年同期からすれば、若干、お客様の業種によっては出荷量の落ち込みが見られるが、建築資材の動きが増えているので売上はそれなりに増えている。しかし、油の価格が2カ月毎に値上げの通知が来ている。昨年ほどまでではないがこの先どれくらいの値上げがあるものか不安な面もある。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End