情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

6 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
6 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*6月の売上高はまだまだ厳しい状況が続いているが、前年オーバーや前年並みを維持している企業もあり、組合全体の売上と収益面の回復が望まれる。
 
食料品(水産加工品製造業)
*長崎魚市場の水揚げが前年比119%と増えて、冷蔵庫、加工場とも稼働率は高かった。あじの水揚げが増えてきたため冷蔵庫は凍結補完で忙しくほぼ満庫となった。その中で、夏期に以西底曳魚の入荷が減少してきているため、赤物加工専門の加工場が6月末で工場を閉めた。
 
食料品(漬物)
*当業界の業績低下を反転させようと努力しているが、その兆しが見出せず苦慮しています。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比89.7%、本格焼酎は92.3%、全体では91.7%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比91.5%、本格焼酎は97.5%、全体では96.3%であった。
繊維・同製品 繊維・同製品(衣類)
*取引先の売れ行き不振による受注減。
印刷 印刷
*新聞紙上等では景気回復の兆しが報じられているが、依然厳しい状況である。
窯業・土石製品 窯業・土石製品(陶磁器)
*一部には高操業を維持している企業があるものの、総じて売上低迷で資金繰りが悪化している企業が多い。特に利益が確保できずに資金繰りの悪化が見られる。
 
窯業・土石製品(セメント)
*売上前年比50%減。6月は雨が多く多少7月にずれ込む工事はありますが、相変わらず受注がなく先行き不安です。
 
窯業・土石製品(生コンクリート)
*出荷は前年比13%ダウンで、官公需の減少と民需の冷え込みにより、今後も先行きの不透明感が強く、依然として低迷した状態が続くものと想定される。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属(金属製品製造業)
*受注環境は依然として厳しい状況である。受注活動でどこに行っても仕事は無い。コスト30%引き上げは非常に厳しく経営を圧迫する。
*厳しい状況のなかではあるが、中堅社員の合宿研修を実施(6/25〜26 25名受講)
一般機器 一般機器
*先週には公務員にはボーナスが支給され、夏休みには海外旅行増との報道も、零細企業の我々にはどこの国の事やら。この格差はどうして!!何を言っても愚痴になるので終わります。
 
一般機器
*製造業は同業者間の競争が激化し、売上高の減少が続いている。
輸送機器 輸送機器
*組合員の構内下請業者で人員整理が行われている所が出てきた。
その他製造業 その他製造業(畳製造業)
*梅雨期なので暇なのは仕方がないと思っている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(卸売業)
*市議会は組合所有の土地を購入することについて議決した。市は土地取得後、中学校向けの給食センターを建築する予定。
 
小売業(電気器具販売)
*夏期合展でTVを中心に売上が伸びてきた。しかし、長雨でエアコンの出足が悪い。ボーナスシーズン、TVを中心に期待が持てる。
*「地デジサポータ戸別訪問」事業が始まった。県内では2万世帯を目標に訪問しアナログからデジタルへの変換を説明する。
 
小売業(青果物販売)
*長崎市場のブランド品「ながさき市場じまん」の第2弾として「長崎あい丸」(じゃがいも「アイユタカ」)のネーミングで、5月中旬から販売を開始し、6月初めに終了した。ご愛顧ありがとうございました。なお、「ながさき市場じまん」のブランド品については、市場活性化のために引き続き厳選した青果物を消費者へ提供していく予定である。乞うご期待!!
*H22/6月期の青果物取扱高は長雨が続き青果物が品薄となったため、前年同月比109.1%、前期比105.9%と前期を上回っている。
 
小売業(鮮魚介販売)
*中国船、山田丸の入符がなく、時化が多く大変厳しい月であった。
 
小売業(食肉販売)
*今年の梅雨は雨足の強い日が多く、小売店では消費者の足が遠のき来店客数がかなり減少した。同様に業務用卸も飲食店の客数減等により受注数量が減少した。又、もう一つの要因でもある「口蹄疫」問題が、おおよそ終息に向かう傾向の中、二次的な影響が少しづつ出始めているようである。意見を集約すると、大方売上で10%前後の減少、収益面では売上原価上昇分を売価へ転嫁できずに収益は圧迫されている。売上で1割減は大変厳しい状況である。
 
小売業(鼈甲製品販売)
*売上高は前年同月比102.27%となった。
 
小売業(石油販売)
*長崎市郊外に大型量販SSがオープンし一段と競争が激化。更なる経営環境の悪化は避けられない状況にある。
商店街 商店街(佐世保市)
*引き続き厳しい状況が継続しているものと判断している。
 
商店街(島原市)
*一番街では行政との連携により、まちなか美術館やまちなか子育てステーション(予定)など活性化に取り組んでいる。
サービス業 サービス業(自動車整備)
*板金塗装の入庫が悪い。車検の競合がやや増えた。
 
サービス業(旅館業)
*需要不足により、客室稼働率は引き続き超低位で推移している。高速道路の無料化実施に伴うビジネス客、観光客の動向に注目している。
 
サービス業(旅館業)
*6月売上は対前年同月比マイナス2.5%、金額で約100万円の減少。4か月連続で微増だった。ここにきて景気回復の足が鈍ってきた。梅雨の長雨と参議院選挙の影響も有りそう。7・8月の夏休みに期待したい。
 
サービス業(飲食業)
*昨年に比べ、土・日の人出が減少、及び修学旅行の生徒も昨年比減となり、売上は5〜15%ダウン。特に物販店の落ち込みが大。
*大河ドラマで長崎が舞台となる7月以降に期待。
建設業 建設業
*公共工事関係費は前年度比18.3%減、民間設備投資も冷え込んでいることから、夏場以降は前倒し発注もネタ切れし、中小企業の経営環境は非常に厳しくなると予想されます。中小建設業者はデフレ傾向による民間建築投資の安値受注や公共工事の削減など、デフレスパイラル的な受注スパイラルの傾向にあり、企業経営状態をさらに逼迫させております。
 
建設業(管工事)
*規制緩和以降(平成10年)、長崎市上下水道指定業者が激増。仕事量の激減(仕事がない)のため2名の正会員より退会の意向あり。
運輸業 運送業
*6月も売上減少だった。梅雨で土木関係の仕事は少なかった。夏にかけてさらに売上が落ちていくので厳しい状況が続きそうだ。
 
運送業
*昨年の6月も同じことを言っていましたが、今年もまた燃料代が毎年の様に値上げされています。運賃は据え置きで燃料代に会社の経営出費が左右される様なものです。特に建築資材の配送が減少してきました。新築する人が減ってきた表れだと思います。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End