情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

8 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
8 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*政府のエコ減税・補助金やエコポイントの恩恵を受ける業界の業績回復が伝えられているが、中元品の減少や調味料の多様化、又、1人あたりの使用量の減少、人口の減少などにより醤油・味噌業界は依然として厳しい状況が続いている。
 
食料品(水産加工品製造業)
*水揚高が前年比数量で85%、金額で106%。水温が高く水揚げが少なかったため、魚価も高くなり加工場と冷蔵庫の稼働率も低かった。
 
食料品(漬物)
*8月期は高温多湿の影響を受け、原料の高騰により、浅漬部門の減収が大きく響き、当月収入を上げる会員は少数であった。
 
食料品(菓子)
*夏が続き又高温多湿のため、お菓子より飲み物に集中され、売上、客数が激減。早く秋のたよりがほしく感じられる。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比93.5%、本格焼酎は96.6%、全体では96.0%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比91.0%、本格焼酎は106.5%、全体では103.6%であった。
繊維・同製品 繊維・同製品(繊維製品製造業)
*外国人研修生受入の制度変更により資金面や受入難易度が増し苦労している。
印刷 印刷
*依然厳しい状況が続いており、出口がなかなか見えない。
窯業・土石製品 窯業・土石製品(セメント)
*売上前年比14%増。利益率は競争が厳しく低下し、まだまだ苦しい状態。
 
窯業・土石製品(生コンクリート)
*下五島地区において、建設物価調査会・経済調査会共に積算価格の1,000円アップが認められている。しかし、長崎県全体は公共工事、民間工事ともに依然として低迷した状態が続くものと想定され、今後も出荷は前年比を割る傾向が強い。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属(金属製品製造業)
*仕事量減少、受注価格厳しく、生産高大幅な減少(対前年比△30%)先行きの見通しも見えない。昨今の円高、中小製造業の生き残り策は?
*中小企業緊急雇用安定助成金の申請、9月より1社(7社の内3社利用)
一般機器 一般機器
*9月に入っても猛暑が続く昨今、地球上が異常状態か?この世の中も同じで景気も相変わらず回復せず、売上・収益とも伸びず、この業界は今の天候とは逆で冷え切っている。今年もあと4カ月弱。新年は来るのか?
 
一般機器
*半導体及びIT関連は多少動きが見られてきた。造船及び産業機械は未だ動きが見られない。エコカー等の減税が終了すると、先行きが又厳しくなりそうである。
輸送機器 輸送機器
*大手造船所の新船受注大幅減による仕事量激減。特に外注に潤いがあるLNG、LPG船受注「0」の影響が大である。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(電気器具販売)
*夏商戦は例年お盆前に終わるが、今年はエアコンが好調で9月までなだれ込む勢い。暑い夏のせいか?薄型テレビは好調だが価格に悩まされているが、反面、技術で勝負する販売店は利益を確保している。特に地デジアンテナ設置に自信ある地域店は強みを発揮。冬商戦へ持ち込みたい。
 
小売業(青果物販売)
*8月期分の青果物取扱高は暑さによる生育不良などで野菜(人参、大根、トマト、ホウレン草など)価格が高騰、果物の高温と強い日差しでリンゴ、梨等に被害が生じ、高値が続いたため、前年同月比117.3%と近年になく取扱高は増加した。4月からの累計でも112.4%と上回っている。
 
小売業(鮮魚介販売)
*暑さのため、販売不振の月であった。例年より3割減。
 
小売業(食肉販売)
*本来、当月は高単価の商品は別にしても焼肉需要により消費がいくらか上向き、活気もでるのであるが、あまりにも気温が高い日が続き、食欲にも影響したのであろうか、消費も低迷ぎみであったようだ。それに比例して供給面でも動きが緩慢で上昇する仕入価格も低迷していた。メーカーの営業員も異口同音に「売れない。売れない。」と頭を抱えている状況であったが、収益的には上記により収支トントンというところか。マイナスが続いていたので、それで「ヨシ」とするのも致し方なしの昨今である。
 
小売業(鼈甲製品販売)
*売上高は前年同月比97.32%となった。
 
小売業(石油販売)
*ガソリンの需要期と猛暑が重なり、前年比若干の増販となったが、価格競争が激しく収益改善には程遠い状況。
商店街 商店街(佐世保市)
*させぼ振興券事業が7月23日から始まり、全体としては佐世保の経済活動の活性化に大きく影響したものと判断されるが、具体的なデータがないので厳しい状況が継続していると認識している。
 
商店街(島原市)
*最近商店街では老舗の乾物屋や喫茶店などが閉店したり、2店舗を1店舗に縮小したりと、空き店舗が増加するのではと危惧している。
*市役所と連携した活動で、「子育てステーション」(7/24オープン)では相談対応や子供たちが遊びに来たりするなど、一番街ビジーホールでは「マジックショー・歌演奏」や「おばけ屋敷」などいろいろと利用され、夜市と連動して賑わった。
サービス業 サービス業(自動車整備)
*車検、一般整備、鈑金塗装は微増。
*売掛金回収が進まない。
 
サービス業(旅館業)
*観光客を中心に宿泊数は微増の傾向にある。しかしながら、客単価としては低下を続けており、又、公共料金(水道料金)の値上げもあり、引き続き企業収益は改善の状況には至っていない。
 
サービス業(旅館業)
*8月の売上は対前年同月比103%で微増、金額で200万のプラス。9月の予約状況は厳しい予想、秋のシーズンに期待したい。
 
サービス業(飲食業)
*飲食店では、客数は前年比3〜5%プラスだったが、客単価が落ちており売上高としては前年並み。
*物販店は飲食店に比べ、客数、客単価ともに前年比5〜10%ダウンと厳しい状況。
建設業 建設業
*公共事業への依存度が高い地方においては、公共工事減少に伴うダンピング受注を余儀なくされ経営を圧迫している状況の中で、民間設備投資の低迷から回復基調を見出せないばかりか、更に景気動向に二番底が危惧され、冷え込むことが予想され、建設業界は極めて厳しい状況に置かれている。
運輸業 運送業
*8月も売上減少した。例年も夏場は売上が落ち込むが今年はさらにひどいようだ。軽油も円高等で下がると期待していたが高値横ばいである。厳しい状況が続きそうだ。
 
運送業
*今年の暑さは異常だが、荷の動きは全体的に若干増えてきた様子。しかし、青果物等はあまりの日照りで生産が減少している様で、車の動きは少ない。又、建築資材の方もマンション等の建築があり動きが出てきている。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End