情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

8 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
8 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*8月も全体的には厳しい状況が続いている中で、アルコールや塩等の原料値上げがあり、収益面の悪化が懸念される。
 
水産加工品製造業
*売上は震災後から東北の原料への不安から少し伸びているが、鮮魚の買いが多いため、原料価格が値上がりし、収益は厳しくなってきている。
 
酒類
*課税移出数量は、清酒が前年同月比100%、本格焼酎は98.7%、全体では99.1%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比93.2%、本格焼酎は103.6%、全体では101.9%であった。
繊維製品製造業 繊維製品製造業
*猛暑に局地的豪雨などの異常気象や相変わらずの東日本大震災などのムードで購買意欲がわいてこないためか元売りが悪い。
印刷 印刷
*先行きの見えない厳しい状況が続いており、明るい兆しはなかなか見えない。
窯業・土石製品 陶磁器
*ほとんどの組合員が受注低下に至っている。又当組合の取引組合では、資産を処分して仮事務所で事業を継続して行っている。
 
セメント
*売上は前年比変わらず。収益状況も前年とほぼ同じだが、8月分が9月にずれ込んで行くようだ。
 
生コンクリート
*普賢岳災害復旧・国体関連の出荷により長崎全体で前年比114.6%久しぶりに前年出荷実績を上回った。しかしながら、地域により出荷に格差があり、特需がなくなったときが非常に不安である。
鉄鋼・金属 金属製品製造業
*受注環境は依然として厳しい状況が続いている。震災の後は復興工事を期待しているが平成24年度以降か?
*厳しい状況の中ではあるが、7月8月には管理者の教育(合宿研修)を実施し37名が受講した。
一般機器 一般機器
*円高、株安等懸念材料多し、新政権の動向に注視し、経営方針の見極めが必要。
輸送機器 輸送機器
*塗装に使うラッカーシンナー、塗料シンナーの価格が20〜30%の値上げ要請があっており、これは受けざるを得ない状況である。
その他製造業 畳製造業
*古畳の処分に苦慮している。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売
*前年8月期は野菜・果物に高温による被害が生じたため、青果物の取扱高が異常に増大した特異な月であったが、今期の8月期分の青果物取扱高は高温障害の影響も発生せず、前々期8月並みの青果物の取扱高であった。それにしても小売りの売上が落ち込んでいる。8月の主力の福島産の桃の価格は、放射線の影響で消費者の購買意欲が減少したのであろう。過去最低の超安値をつけ、取扱高減少の一因となった。
 
鮮魚介販売
*8月は入荷量が昨年の半分ほどで大変な月であった。組合購買部の売上も減り、氷販売も少なかった上にすり身の収益も少なかった。
 
食肉販売
*牛肉の放射性物質による汚染の問題も徐々に収まりつつあるが、全ては払しょくされず消費は一向に上向いて来ない。他の食肉へのシフトも顕著に表れたがトータル的には販売額・量ともに増えていない。これは一つは天候にも左右されたもので、週末毎の大雨、お盆の雨、さらに輪を掛けた様な平日買い物時間帯の大雨、これによりBBQ等のレクレーション、自治会及び一般の夏祭り等の中止など、予定していた売上が確保できなかった組合員も多かったようだ。例年であれば、ある程度売り上げの増加が見込める月であるのだが異常気象にも大きく影響された当期であった。
 
鼈甲製品販売
*前年同月比84.7% 前月に比べると若干上向き傾向。
 
石油販売
*ガソリン需要期も雨の影響もあり減販。価格競争激しく非常に厳しい収益環境。
商店街 佐世保市
*7/23〜8/14まで抽選券売り出しを実施した。抽選券の発券状況は対前年比約20%減少。販売が低調であったと判断。
 
島原市
*「一番街」は「夏祭り・土曜市」を7/23〜8/13迄の各土曜日に開催した。「まちのお休み処」と「子育てステーション」も夜市のときは午後9時まで開け好評だった。
*8/6は「アンパンマンショー」を開催したが沢山の子供さんと親子さんで賑わった。
*現在「まちなか観光応援隊事業」を市の委託を受けて展開中。「まちのお休み処」の店内は島原観光物産やおみやげ物を販売しているが、海産物等が売れている様子。
*空き店舗は現在のところ増えていないが、商店街12時から4時くらいまでは買い物客はこの暑さで少ない。
サービス業 旅館業
*企業活動においては円高、電力供給等の問題、個人においては増税懸念等の先行き不安により、宿泊、特に宴会、飲食の需要が今後は低下するものと考えられる。
 
旅館業
*8月の売上は対前年同月比プラス16%。金額で約940万円の増加。ただし、値上げ分の増加もあり、実質の売上増加は12〜13%。夏休みが終わると客足が鈍り、9月の宿泊が心配である。
 
飲食業
*高速1000円が終了した影響、お盆の雨、震災等色々なものが重なり、前年比10%〜15%ダウン・秋の旅行シーズンも期待薄。
建設業 建設業
*年々削除されている公共事業費が、大震災の影響で更に地方は削減され、少ないパイの取り合いでダンピング受注を余儀なくされている。民間工事においては、県外業者の参入により受注はするものの、採算が取れない状況である。公共事業費削減が、地方経済低迷の要因となっている。
運送業 運送業
*8月も売上は減少傾向が続いている。例年夏場は売上が落ちるが、今年はさらにひどいようだ。軽油も高止まっている。厳しい状況が続きそうだ。
貨物運送業 貨物運送業
*昨年も8月は暑かったようですが今年は東北地方の大震災で大変なことと思いますが、徐々に再建の計画が進み建築関係の資材や工場内の設備機械類の入れ替え等で東北方面向けが動き出している。当地の方々も大変な事ばかりでしょうが一日も早い復興を願っています。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End