情報連絡員情報
 
中央会の紹介
組合制度の紹介
ビジネスサポート
経営情報
県内組合事例紹介
青年部の紹介
届出様式集(ダウンロード)
リンク

情報連絡員情報
毎月、県下の各業界より48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
計算式:(「増加」「好転」した組合数−「減少」「悪化」した組合数)/有効回答数 × 100
※ただし、在庫数量についてはマイナスの場合には好転、プラスの場合には悪化の方向としています。
天気図マークの基準は次のとおりです。  快晴:30〜10 くもり:10〜△10 雨:△10〜△30 大雨:△30以下
 
1.景況天気図

4 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
4 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*味噌の出荷量は、前年をオーバーして回復傾向にあるが、反面醤油の出荷量は今月も厳しい状況となっている。その中で、売上高を増加させた企業もあるが、組合全体として状況はまだ好転していない。
 
冷凍水産食品加工業
*新年度に入り、各社とも新たな目標を設定し、取り組みを開始している。
練り製品の主原料である、冷凍すり身の単価は、落ち着いてきている。
 
麺類
*震災の影響から少しづつ回復基調にあるものの、まだまだ見通しは暗い。
 
酒類
*課税移出数量は、清酒が前年同月比103%、本格焼酎は100%、全体では101%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比92%、本格焼酎は97%、全体では96%であった。
印刷 印刷
*TV・新聞等によると景気拡大が続いているとあるが、業界の状況とはかけ離れている。
窯業・土石製品 生コンクリート
*5月下旬より、生コンクリートの品質管理に関する監査が、国土交通省、長崎県の方の立ち合いのもと組合員全工場に対して実施される。
鉄鋼・金属 金属製品製造業
*ボイラ関連の仕事量は堅調に推移している。組合共同事業の焼鈍(熱処理)事業の4月の受注量も、前年度より約20%程度増加しており、ボイラ関連の仕事量の堅調さがわかる。また、新入社員及び中途社員の「安全教育」を実施し、20名が受講した。
 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売
*昨年4月は中旬に発生した「熊本地震」の影響で、貨物もストップしたため熊本産のみならず大分や宮崎産等の青果物も入荷せず、大幅な高値となった。今年は高気圧と低気圧が交互に通過し、天気は数日周期で変わり、降水量も例年並みのため青果物の生育には良い環境となり、入荷が増え、昨年同期に比べ単価安となる。ただ、季節商材のツワ、タケノコ、新じゃが、新玉葱等が半月ほど遅れたため、売上高は減少、収益状況も先月に比べ悪化している。4月下旬からのGWに期待したいところ。
 
鮮魚介販売
*入荷は比較的順調であったが、アジ、鯖がとれず、高値であり、ブリの入荷の多い月であった。
 
食肉販売
*再開発事業の一端で市内の商店街の中の市場が閉店したが、それに伴い数名の組合員も店舗の移転を余儀なくされた。新たに設備投資を行い業容を拡大する者、あるいは小売りを縮小し業務用卸に注力する者、各々の状況に応じてその対応もいろいろであった。業界全体としては原料関係の保合相場もあり、業況的には横這いの状態で推移しており、売上、収益面でも特に大きな動きはなかったようだ。
 
石油販売
*需要期を前に売り上げ増を期待しているが、伸び悩みの状況、厳しい経営体質は継続。
商店街 佐世保市
*新入学、新社会人などの購買増加も人口流出による総売上高減の流れを止めれずといった様子。一部好景気も、全体では消費拡大につながっていないと思われる。
 
大村市
*4月は前年同期に比べ、売上高、収益等は大幅に落ち込んだ。交流センター等ができ、若い人の通行量は増えたが、まだまだ取り込めていない。経営者の高齢化に伴い、5時には店を閉めるところが多くなっている。
 
島原市
*今年度もスタートしたが、新入学や新就職者などの動きは昨年と同様で、低調だったと思う。商店街に隣接する旧大型店跡に新しく熊本から進出した、ディスカウントショップ「スーパーキッド」が今月にもオープンできるように工事が進んでおり、賑わいが多少期待できる事から組合員や地域の人たちが楽しみに待っている状況。
サービス業 旅館業
*ハウステンボス等観光客の減少が見られる。
 
飲食業
*熊本地震の影響がない月前半(4/1〜4/15)だけを比較した場合、前年比5〜10%マイナス。月後半(4/16以降)を加味すると当然前年比プラスであるが、前々年の4月と比較すると、4月全体で10〜15%のマイナス。4月に入り、急に人の動きがなくなった。また、月後半の修学旅行生も地震前には戻っていない状況。
建設業 建設業
*建設業界の担い手の中長期的な育成・確保を図るため、公共工事の施工時期の平準化を進めているが、現状は例年通り公共工事の発注件数が少なく、安定した雇用や経営に不安を感じている。
運輸業 運送業
*4月は青果物が昨年より少なく売り上げ減少した。その他は例年並みだった。軽油価格は上昇中である。厳しい状況が続いている。
 
貨物運送業
*最近の長崎県下及び市内の県庁舎や新幹線の工事現場に関わっている運輸関連会社の動きが相変わらず多忙のようだ。一般貨物も若干の動きが増えている。反面軽油の値上がり、タイヤの値上げ等厳しい面も多くある。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End
サイトマップ お問合せ プライバシーポリシー