ながさき中央会青年部
トップ 概要 組織 活動 掲示板 リンク
活動レポート
平成24年度全国講習会開催される

平成24年9月21日(金)、福岡県の「ホテルニューオータニ博多」において、平成24年度組合青年部全国講習会(主催:全国中央会)が開催され、全国からおよそ250名の中小企業組合に所属する若手経営者・後継者及び青年中央会事務局担当者が参加しました。(本県からは11名が参加)

1.全国講習会

「講演1」 テーマ : 会社経営者に求められる法律知識
      講 師 : 福岡県青年司法書士協議会

1.謄本の見方と債権回収  2.労働問題と役員の責任  3.事業承継

 福岡県には約800名の司法書士がおり、そのうち200名で福岡県青年司法書士協議会を組織している。前福岡県青年協議会の会長が司法書士であったことから今回の講演依頼となりました。
 商業登記簿のチェックポイント:本店所在地、目的、資本金、役員。通常、履歴事項全部証明書を謄本と呼んでいる。商業登記簿は取引先を見極める際の重要な資料、一つの判断根拠となります。また、自社の信頼性を示すための資料ともいえるので、コンプライアンスが求められる現状では、登記事項に変更が生じた場合は、速やかに変更登記を行うように注意を喚起されていました。

「講演2」テーマ:どん底からの大逆転経営 〜青年経営者に望むこと〜
     講 師:合資会社じじやの干物  店主
         日本ひもの産業株式会社 社長 秋武 政道氏

売れた!売れた!お客様の声で売れました!〜小さな会社の地域密着ブランドの作り方〜
 スーパーで要求されるものは、味や品質は二の次で価格と商品ロット。規格に沿った数量を納期内に揃えられるかどうかでその挙句に安値販売されてしまいます。10年前にマーケティングの手法に出逢い、それから消費者に直接販売するBtoCに移行されました。その間には倒産寸前の崖っぷちまで追い込まれるが、ややればできる。徹底したマーケティングとお客様の声。店頭でアンケートに応えていただき、リスト化する。「あなたへ」!のメッセージで消費者の声を届ける。今では「じじやの干物」が地元ではブランド商品に変化していった。

2.懇親会

 九州経済産業局産業部次長をはじめ多数の来賓が出席のもと、様々なアトラクションで大いに盛り上がった懇親会であった。


第37回 通常総会を盛大に開催!

 長崎県中小企業団体中央会青年部は、第37回通常総会を4月20日(金)午後4時からANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルで開催し、第1号議案から第4号議案までいずれも原案通り承認可決しました。また、第4号議案については、新会長に田川清浩氏を選出したのをはじめ幹事13名、会計監事1名をそれぞれ指名推選の方法により選出(任期2年)しました。

 当日は、午後2時30分から『青年部代表者会議』を開催し、9団体15名の参加の下、青年部会員間の連携・活性化について意見交換を行いました。事前に青年部会員33団体にアンケート調査を行い、各青年部での実施事業や親組合との関係、将来への展望、中央会へ期待する事を取りまとめ討議資料といたしました。今年度は特に中央会事業の中で“青年部活動実態調査”に取り組むこととなっており、本事業を周知するとともにより効率的な事業遂行のための意見を吸い上げる会議となりました。
 午後4時からは、グラバーホールにおいて通常総会を開催。林田米蔵青年部会長の挨拶の後、林田会長が議長に選出され議案の審議に入りました。

第1号議案  平成23年度事業報告並びに決算報告の承認の件
第2号議案  平成24年度事業計画(案)並びに収支予算(案)決定の件
第3号議案  平成24年度における経費の賦課(案)並びに徴収方法(案)決定の件
第4号議案  役員改選の件(役員改選結果は、下表のとおり)

 全議案とも承認可決され、一旦総会を終了。引き続き平成23年度の助成金活用研修会等の成果発表を行いました。平成23年度は、中央会事業も含め5団体青年部の利用があり、成果報告を行うとともに平成24年度の活用のPRもなされました。
 午後6時からは、懇親会が開催され、沢山の来賓にご出席を賜り長崎県産業労働部江村次長に来賓祝辞を頂き、株式会社商工組合中央金庫長崎支店 平井支店長の乾杯のご発声により、祝宴が始まりました。宴席では、今回の役員改選を受け、林田直前会長へ感謝状の贈呈もあり、新幹事が登壇し所信表明を行い、大変盛り上がった懇親会となりました。最後に三井生命保険株式会社長崎支社中川支社長の結びの挨拶にて盛会裏に終了することができました。

平成24年中央会青年部 通常総会役員改選結果
No 役職 氏名 所属
1 新会長 田川清浩 長崎浜市観光通商店街(振)青年部
2 副会長 原喜一郎 長崎県クリーニング生活衛生(同)青年部
3 副会長 本多 正典 長崎県手延素麺製粉(協)青年部
4 幹 事 埴生健一 長崎県建設工業(協)青年部会
5 幹 事 内田 信吾 長崎県印刷(工)青年部
6 幹 事 橋口吾郎 長崎浜市商店街(振)青年部
7 幹 事 芥川圭一郎 させぼ四ヶ町商店街(協)青年部
8 幹 事 山口雅友 長崎県葬祭業(協)青年部
9 幹 事 中尾善之 波佐見陶磁器工業(協)青年部
10 新幹事 田森 健一 長崎電気工事業(協)青年部
11 新幹事 中山智一朗 島原一番街青年部
12 新幹事 田中 洋之 (協)長崎卸センター青年会
13 新幹事 中ノ瀬浩己 (社)長崎県産業廃棄物協会 青年部会
14 監 事 白石 智 長崎市管工業(協)青年部

代表者会議の様子 通常総会会場風景

平成23年度青年部研修会(人材養成研修会)開催

 去る2月8日(水)長崎市サンプリエールにおいて、標記青年部研修会を開催しました。この事業は、組合の次代を担う質の高い経営者を育成するため、経営者のリーダーとして資質向上と企業の経営革新を図るうえでの一助として実施しているもので、今年度は株式会社リピーツ 代表取締役社長 一圓 克彦氏をお招きしてご講演いただきました。
 テーマは、“0円で8割をリピーターにする集客術!”と題して一圓氏の居酒屋起業の失敗談を踏まえ、胃炎で再三倒れつつも再起し、これまでに培った経営ノウハウ“脱!安売り”のリピーター創りをご披露されました。


(株)リピーツ 一圓 克彦氏

・不特定多数の人をターゲットにしない。狙ったお客様にだけターゲットを絞り、リピーターになっていただく。
・一時的に売上が下がっても怯えない。売上を追求するより利益を獲得する。記憶型のリピーターになってくれたら、お店のファンとなり値下げも要求しない。

・お客様はニーズを満たされて当然と思っている。ニーズの2歩先を見据えた対応をすると覚えてもらえる。〔Needs → Wants → Wish 〕何が真の目的なのか一緒にWishを探る。
Etc・・・、どの業界にも共通の課題であるリピータ獲得術、ファンの創造について面白おかしく退屈させない話術とともにに聴講者は聞き入りました。
 講演会終了後には、中央会青年部幹事を中心に有志の方との懇親会にも参加いただき鍋を囲んだ楽しい未来を語る会になりました。中央会青年部では異業種交流の一環として、セミナーをはじめ交流を深めております。是非、未加入の組合青年部には加入いただき組合活動を活性化させていきましょう。

謝辞を述べる林田会長
事務局 長崎県中小企業団体中央会青年部
〒850-0031 長崎県長崎市桜町4番1号(長崎商工会館9階)
TEL 095-826-3201 FAX 095-821-8056 E-mail:chuokai@nagasaki-chuokai.or.jp