ながさき中央会青年部
トップ 概要 組織 活動 掲示板 リンク
活動レポート
青年部連携交流会を開催!

 去る11月22日(木)長崎ワシントンホテルにおいて『青年部連携交流会』を開催しました。
 本事業は、今年度の新規事業として取り組んでおり中央会会員組合を通じて青年部活動の実態把握(アンケート調査)を行い、中央会青年部の強み・弱みを知り、次代を担う青年部の活動強化を図るための処方を探る目的で実施しております。
 これまで委員会形式で所属業界の意見を出し合い、本事業が真に役立つものとなるよう討議を重ね、本事業の目的としてヽ洞罰Δ粒萓化、異業種連携の強化、C羆会青年部加入率の向上を掲げています。
 9月に実施した青年部活動の実態把握(アンケート)結果では、青年部会員の減少、高齢化など共通する課題を抱えている団体が多く見受けられ、このような現状を打破するきっかけとなるべく、次世代の組合組織と地域経済を担う若手経営者等による組合青年部活動の活性化のため、『青年部連携交流会』を開催致し、基調講演(青年経営者の取組み事例)や、異業種の同世代とのグループディスカッションを通じて、「幅広い視野と人脈づくりの場」として活用してもらおうという企画です。


基調講演される中村社長

 基調講演は、講師として株式会社中村輪業 代表取締役 中村耕一氏をお招きして「初志貫徹〜新たなる挑戦〜 青年経営者に向けて」と題してご講演頂き、県内の若手経営者の体験談ということもあり、興味を持って熱心に聞き入っておりました。中村社長は自らの経験を踏まえ「信念を持ち、積極的に動く事。人の縁を大切にすれば、得意分野で協力し合える仲間が必ず現れる」と熱いエールを送っていただきました。

 その後、アンケート調査結果の報告を挟みグループディスカッションを行い、コーディネーター役に経営戦略塾“タケシタ”の竹下幸也先生の指導の下、参加者の“夢”を語る形で5人ずつ5グループに分かれて討議を行いました。
 最後に竹下先生の総評として、「なかなか初対面で“夢”というテーマでまとめあげるのは大変なことだけど、各グループともに議論も活発に行われていた。青年部の仲間として連携をとり、これからの将来に向けて更なるヒューマンネットワークを構築してほしい。」またFaceBookの有効性の一環として武雄市の梅林事業での注目を浴びた事例を紹介され、プラスαで情報機器も活用しながらさまざまな交流を広げてもらいたいと総括されました。
 その後、交流懇親会も設けられ参加者は更に懇親を深め、盛会裏に終了することができました。グループディスカッションでグループ進行役を務めていただきました中央会青年部の幹事の皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。


中央会青年部「スポーツ交流大会」を開催!

 中央会青年部(会長:田川清浩)は、去る11月10日(土)にスポーツ交流大会を開催しました。今年も地域交流会を兼ねてスポーツ大会と合わせての開催として、大村地区での開催といたしました。大村湾カントリー倶楽部オールドコースでのゴルフ部門、大村Jボウルでのボウリング部門と両方の競技を開催し、その後会場を移して長崎インターナショナルホテルで交流懇親会を開催いたしました。
 当日は、心配された天気もどうにか持ちこたえて、中央会青年部幹事を中心にゴルフ18名、ボウリング19名がスポーツを通じて汗を流し、交流懇親会には25名が参加して、それぞれ懇親を深めました。ご参加いただいた青年部の皆さま、また協賛賞品を提供してくださいました青年部OB及び青年部の皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
 なお成績は下記の通り。

【ゴルフ部門】

個人優勝  山下忠則 氏(長崎県建設工業(協) 青年部)
準優勝    野田孝則 氏(長崎県産業廃棄物協会青年部会)
第3位    林田米蔵 氏(長崎県グリーン事業(協)青年部)

【ボウリング部門】

個人優勝  宮崎竜也 氏(長崎県産業廃棄物協会青年部会)
準優勝    福田和隆 氏(波佐見陶磁器工業(協) 青年部)
第3位    松永  学 氏(三井生命保険(株)諫早営業部長)
レーン優勝 第4レーン:福田太一、宮崎竜也、平原元気、尾崎美喜


青年部の集い(宮崎大会)開催される!

 去る10月25日(木)、宮崎県シーガイアコンベンションセンターにおいて第64回中小企業団体全国大会に合わせて「(九州)青年部の集い」が開催されました。当日は、青年部代表者会議も開催され、九州・沖縄各県中央会青年部から約150名が集い、長崎県から14名が参加いたしました。ご参加いただきました青年部の皆様、関係者の皆様方、この場を借りてお礼申し上げます。来年は本県で“青年部の集い”を催しますのでご協力のほど宜しくお願いします。

【青年部代表者会議】
 この会議は各県青年部の会長と事務局が参加し、毎年開催しているものです。各県の会長より活動近況報告がなされ、異業種のネットワークである青年部活動を如何に盛り上げ、ビジネスチャンスの創造に繋げていくか大変参考になります。今年は会長と事務局を手始めにFacebookでの交流も始めていますので更なる交流が期待されます。

【九州青年部の集い】
 中小企業団体全国大会の本大会が終了した後、九州青年部の集いが、宮崎県中小企業団体中央会青年部の主催で華やかに催されました。開会に入る前に今回はビンゴゲームでの盛り上がりが用意され大いに賑っていました。改めて開会に当たっては、主催者挨拶、来賓として全青中上山会長挨拶の後、九州ブロック副会長・佐賀県青年部 渕上会長の乾杯のご発声により祝宴が始まりました。アトラクションは宮崎のAKBことMKM−ZEROのダンスで幕を開け、大いに会場を沸かしていました。
 参加者は、あらかじめ指定された席にて各県青年部のメンバーと情報交換やビジネスPRなどそれぞれに交流を深められました。最後には、本県からの参加者がステージに登壇し、長崎の魅力をアピールし来年の長崎大会での再会を約束し盛会裏に終了しました。

事務局 長崎県中小企業団体中央会青年部
〒850-0031 長崎県長崎市桜町4番1号(長崎商工会館9階)
TEL 095-826-3201 FAX 095-821-8056 E-mail:chuokai@nagasaki-chuokai.or.jp